意外とやっていないかも?:ProjectPlanning(プロジェクトプランニング)

適当に考えてしまっているかもしれません。

ProjectPlanning(プロジェクトプランニング)

期間内に目的を達成したい。

これを、
実際に実行可能な状態に落とし込むのが

ProjectPlanning(プロジェクトプランニング)

です。

わかりやすいのが、
工事などを施工する時の工程表といわれるもの。

・いつまでに

・何を

・どこまでやるか

・それに必要なモノ・コトは何か

はっきりさせることができます。

具体的な手順

もしも、

海外旅行に行く

というのがProjectならば、Planningはこのようになります。


まずは、海外旅行に必要なモノ・コトを書き出しましょう。

・お金を用意する

・プランを作成する

・旅行会社に申込みをする

・旅行会社の選定をする

・パスポートを取る

・スーツケースを借りる

・長期の休みを取る

・荷造りをする

この時点で、項目に漏れがあっても問題ありません。

また、その内容も時期もバラバラに書き出したので大丈夫です。

とにかく必要なコト・モノを思いついた順に書き出していきます。


その後、いったん書き出した必要なコト・モノは置いておいて、実現までの期限を決めた流れを作ります。

【1月】プラン作成

【2月】プランの確定と旅行会社の選定

【3月】申込みとお金の支払い

【4月】事前準備をする

【5月】出発


これに、先程書き出した必要なモノ・コトを振り分けていきます。

【1月】プラン作成(プランを作成する・お金を用意する)

【2月】プランの確定と旅行会社の選定(旅行会社の選定をする)

【3月】申込みとお金の支払い(旅行会社に申込みをする・パスポートを取る・長期の休みを取る)

【4月】事前準備をする(スーツケースを借りる・荷造りをする)

【5月】出発


これで、

・いつまでに

・何を

・どこまでやるか

・それに必要なモノ・コトは何か

全体が見えるようになりました。

話がぐっと現実的になりましたね。

意外とやっていないかも?

このProjectPlanning(プロジェクトプランニング)。

意外とやっていないかも?

というのが正直なところです。

人は、思いのほか多くのことを勘や経験に頼っています。

いくら慣れた仕事であっても、
ProjectPlanningをすることで、全体的に俯瞰してみることができる。

そこが大きなメリットです。

まとめ

意外とやっていないかも?

ProjectPlanning(プロジェクトプランニング)

・いつまでに

・何を

・どこまでやるか

・それに必要なモノ・コトは何か

全体的に俯瞰してみる。

いくら慣れた仕事でも、
あらためてProjectPlanningしてみると、新しい発見があるかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、終日出張。夜は忘年会にお招ばれ。いよいよ年末になってきたという感じです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ