2018(平成30)年度税制改正大綱が公表:その前に大綱(たいこう)って何?

あくまで案なのですが。

2018(平成30)年度税制改正大綱

昨日(2017.12.14)、与党による

2018(平成30)年度税制改正大綱

が公表されました。

…といっても、
あまり馴染みのないこの

税制改正大綱(ぜいせいかいせいたいこう)

そもそも、
大綱(たいこう)って何なんでしょう。

大綱って何?

税制改正(ぜいせいかいせい)については、言葉通り、
なんとなく税金についての仕組みが変わることなのかなということがわかります。

では、大綱って何なんでしょう。

大綱(たいこう)の意味について調べてみると、

事柄の根本となる骨組み(を述べたもの)

という意味が出てきます。

税制改正大綱は、

税制についてどのように変えるべきか話し合い、
それをまとめたもの・枠組み

ということになりますね。

つまり、骨組み・枠組みなので、
それはあくまで「案」であって「決定事項ではない」ということです。

ただ、

じゃあそんなに重要視しなくてもいいの?

ということではありません。

こういった理由があるからです。

「案」だからと侮るなかれ

この税制改正大綱は、
与党の税制調査会を中心に話し合いが進められます。

ということは、
現在の政治状況から考えると…

つまり、
税制改正大綱はいくら「案」とはいっても、

ほぼほぼ確定のものばかり

ということなんです。

まだ「案」なんでしょ

と侮っていてはいけません。

まとめ

2018(平成30)年度税制改正大綱が公表。

その前に大綱(たいこう)って何?

大綱は、
あくまで「案」であって「決定事項」ではありません。

ただ、現在の政治状況からいって、
ほぼほぼ確定であることは明らか。

「案」だからといって、
侮っていてはいけないということですね。

さて、

読み込まなければ(^^)

 

 

◉編集後記◉

昨日は山がうっすらと雪化粧。キリッとしていて好きな景色です。寒いんですよ。寒いんですけどね。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ