「書く」ことなんてしなくても:それでも「書く」ことをおススメしている理由

書きましょう。

「書く」

・将来のビジョン

・戦略

・数値目標

自身の事業の経営について、

記録することは大切なことです。

いくら、

よくわかっていることだから

習慣化できていることだから

と思っていても、

それを記録しなければ、

意外と記憶には残らないもの。

「書く」ことではじめて、

それらは定着します。

「書く」ことなんてしなくても

意識付けが徹底できているなら、

「書く」ことなんてしなくてもいい。

そういった考え方もあります。

さらには、

書いても無駄

書くだけ現実とのギャップを思い知らされる

といったこともあるでしょう。

それでも「書く」ことは、必要です。

それでも「書く」ことをおススメしている理由

前述したように、

・将来のビジョン

・戦略

・数値目標

については、

いつも心に留めておくことで、

「書く」ことと、

同じような効果が得られます。

そうであるならば、

「書く」こと自体には、

さほどこだわらなくてもいいのかもしれません。

それでも「書く」ことをおススメしている理由。

それは、「書く」ことには、

書いた時の空間や時間を切り取っている感覚がある

からです。

・将来のビジョン

・戦略

・数値目標

そのとき感じたワクワクは、

「書く」ことで、

いつでも取り出せるモノになります。

まとめ

「書く」ことなんてしなくても。

それでも「書く」ことをおススメしている理由。

「書く」ことには、書いた時の空間や時間を切り取る力があります。

これは、ブログを書き続けて得られた感覚です。

「書く」ことで、いつでも取り出せるモノになる。

そうやって書いておいたことはいずれ、

自身の事業の経営にとって心強い味方になってくれます。

ちなみに、

「書く」ことについては、

デジタルで管理したほうが自分には合っている

という場合も含みます。

これには、合う・合わない、

選ぶ・選ばないはありますが、

「書く」という根本的なところは、

変わらないと考えているからです。

 

 

◉編集後記◉

今年(2017年)最後のサッカーの試合。この1年めげずによく頑張りました。サンタもやってきましたよ(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ