8%が5%だったとしても:こうすれば租税教室のネタになる

考えてもらうきっかけになります。

租税教室

税金についての授業をする租税教室。

私の場合は毎年、小学校と高校。

年間5校ほどの学校の講師を担当させてもらっています。

短い時間ですが、その中でも税金の必要性や大切さを考えてもらう。

結構、責任ある役割です^^;

教材用DVD

この租税教室。

開催のために、関係各所から色々な教材を用意していただけます。

その中にあるのが「教材用DVD」

もし世の中に税金がなかったら…

という内容のアニメです(他の内容のものも用意されています)。

なぜ税金が必要なのか?

という着眼点で、とてもうまく話ができていて、

二時間連続の授業になるときなどは、私も教材に使わせてもらっています。

こうすればネタになる

ただ、この教材DVD。

作成されたのが、少し古く、しばらくの間

話の中に出てくる消費税率が5%のままになっていました。

消費税率は8%ですので、間違った情報です※。

DVDを見てもらう時は、その間違いを正さなければいけません。

※現在(2017.12.26時点)は、すでに5%から8%に変更対応していただいています。

でも逆に、

消費税が5%であることについては、

こういった問いかけをすることもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━

今見てもらったDVD。

実は、ひとつ間違っている所がありました。

それは、消費税が5%になっていること。

今は、何%?(8%と返ってくる)

そうだよね。

じゃあ、何で消費税は上がったんだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━

こうすることで、そこから次の展開に入ることができます。

まとめ

8%が5%だったとしても。

こうすれば租税教室のネタになる。

もちろん、正確な情報は必要なので、内容の変更は、必要な対応です。

ただ、考えてもらうきっかけは、色々なところにあるというひとつの例。

使い方の参考になればと思います。

すぐに10%になる予定ですしね。

 

 

◉編集後記◉

本格的な冬休み一日目。午前中は仕事をさせてもらいましたが、午後からは男子3人で無料露天風呂(湯原温泉砂湯)へ。その後、予防接種2回めと歯医者。充実した1日でした(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ