今年はどうだった?と聞かれた時に:そこそこでしたと言えるようにする

後ろ向きではなく、前向きに。

今年はどうだった?

2017(平成29)年も残すところ今日も含めてあと4日。

この時期になると、

今年はどうだった?

と聞かれることもあるのではないでしょうか。

特にビジネスの現場では、

今年はどうだった?

そう聞かれる機会は多くなります。

そこそこでした

例えば、

・売上が2倍になった

・資産が倍増した

・新しい事業が軌道に乗った

そういった

今年はどうだった?

に対する答えもあるでしょう。

聞いている側としては、

ある意味そういった答えを期待している

というところもあります。

ただ、そういった

今年はどうだった?

に対する答えには、

そこそこでした

という答えもあっていいと思っています。

成長がないとダメ?

ビジネスの現場に立っていると、成長は必然。

成長がなければ、事業をやっている意味がない。

そういったプレッシャーを感じることも少なくありません。

ただ、個人的には、

「成長」と「変化に対応すること」

は少し違うと考えています。

そこそこでしたが言えるようにするためには、

バランスをとることが必要です。

例えば、

・お金

・時間

・仕事

・趣味

・家族

・仲間

自分が大切に思っていることのバランスをとること。

変化に対応することができていなければ、

そこそこでした

と答えることはできません。

まとめ

今年はどうだった?と聞かれた時に。

そこそこでしたと言えるようにする。

そこそこでしたという答えは、可もなく不可もなく、

答えとしては、後ろ向きな答えなのかもしれません。

それでも、

そこそこでした

という答え。

これは、自分が大切に思っていることのバランスがとれていないと、出てこない答えです。

後ろ向きではなく、前向きに。

そこそこでした

そう言いましょう。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、お餅つき。28日はつかないほうがいい日らしいので、スケジュールの都合上27日に。今日は大掃除です。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ