TO DOリストへの取り組み方:着手でCHECK、DONEで消込

気持ちが少しラクになります。

TO DOリスト

仕事をこなしていくうえで、

必須ともいえるTO DO(やること)リスト。

特に多くの仕事を同時に抱えている場合には、

TO DOの把握とコントロールが必要です。

ただ、

TO DOリストを作成しても、

・リストだけがたくさん溜まっていく

・リストアップされたものが減っていかない

ということもあり、

それによってモチベーションが下がってしまう…

ということもあるでしょう。

そんなときに有効な方法が、

着手でCHECK、DONEで消込です。

先日受講した逆算手帳活用セミナーで、

これはいいなと思ったのでやってみています。

着手でCHECK

通常、

そのTO DOが完了した時点で、

CHECKを入れるTO DOリスト。

それを、

着手した時点でCHECKを入れる

ようにします。

そのTO DOが、

・どの程度の進捗具合か

・足りないものは何か

などは関係ありません。

とりあえず、

着手でCHECKでOKです。

DONEで消込

ただ、

着手でCHECK

だけでは、

TO DOをこなしていくことはできません。

完了させることも必要です。

そのため、完了した時点で、

あらためてリストの消込をする

ということをします。

DONEで消込

これで、TO DOは完了です。

まとめ

TO DOリストへの取り組み方。

着手でCHECK、DONEで消込。

こうすることによって、

・リストだけがたくさん溜まっていく

・リストアップされたものが減っていかない

そういった進捗具合が見えないことによる、

モチベーション低下が軽減されます。

また、着手しているのに、

いつまでたってもリストに何も変化がない。

そんな不安な気持ちも少しラクになりますよ。

 

 

◉編集後記◉

九州から帰岡。会いたかった人たちにも会え、とてもいい旅でした。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ