電子マネーの:プリベイド方式とポストペイ方式とは?

メリット・デメリットも。

電子マネー

一般的になってきたとも言える電子マネー。

地方でも、SuicaやICOCAなどの

交通系電子マネーを使う機会こそ少ないですが、

スーパーやコンビニ、

自動販売機などで電子マネーを使用する機会があります。

小銭をじゃらじゃらと出さなくていい

というのは、すごく快適で

一度やると止められませんね。

この電子マネーには、

・プリペイド方式

・ポストペイ方式

の主に2つの方式があるんですが…

プリペイド方式とポストペイ方式

プリペイド方式は、

お金の支払い方が「前払い」になっている

電子マネーのことを言います。

わかりやすいのが、

イオングループで使えるWAONカード。

電子マネーWAON公式サイトから引用

お金を前もってカードに入金(チャージ)して、

そこから支払をするという形式のものです。

セブン・イレブングループで使える

nanacoカードなどもありますね。

電子マネーnanaco公式サイトから引用

一方で、

ポストペイ方式は、

お金の支払い方が「後払い」になっている

電子マネーのことを言います。

使い方のイメージとしては、

クレジットカードと同じ。

使用した分が、

後日カード会社からの請求で引き落としになります。

こちらは、

iDやQUICPayなど。

店頭で見かける機会も多くなりました。

三井住友カードiD公式サイトから引用

電子マネーQUICPay公式サイトから引用

メリット・デメリット

電子マネーのプリペイド方式とポストペイ方式。

どちらかが圧倒的にいいということはありません。

どちらにもメリット・デメリットがあります。

プリペイド方式のメリットは、

お金が「先払い」になっているため、

カードに入金(チャージ)した以上にお金を使わない

ということがあります。

・いくら使ったか

・いくら使えるか

ということが、

自分でコントロールできるということですね。

ただこれは、

デメリットにもなります。

・それ以上は使えない

・使うためにはお金を入金(チャージ)しなければいけない

ので、使い勝手が悪いとも言えます。

MEMO
クレジットカードを登録することで、自動でお金を入金(チャージ)してくれるタイプのものなど最近は様々な種類のものがあるようです。

ポストペイ方式のメリット・デメリットは、

プリペイド方式の逆です。

お金が「後払い」になるため、

支払の際、入金(チャージ)額を気にする必要がありません。

ただ、支払っているという実感が乏しくなるため、

使いすぎてしまうというデメリットも。

支払への意識を、

プリペイド方式より少し高く持っておく必要がありそうですね。

まとめ

電子マネーの

プリベイド方式とポストペイ方式とは?

お金が、

・「先払い」になるか

・「後払い」になるか

ここに、

この2つの方式の大きな違いがあります。

それぞれ、

メリット・デメリット

がありますので、

自分に合ったものを選択する必要がありそうですね。

 

 

◉編集後記◉

午前中、歯医者に。もう今日で終わりかなと思っていたのですが、まだもう少し。がんばります^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ