もらった交通費をどうする?:サラリーマンと個人事業主の取り扱いの違い

7913E4E2-F3ED-4E9C-A8B7-90C3BEB90E2D

サラリーマンが出張に行くと会社から交通費を支給してもらえます。個人事業主でも取引先から交通費が支給されるということがあるのではないでしょうか。今回は、サラリーマンと個人事業主がもらった交通費の取り扱いの違いについてです。

サラリーマンは非課税所得

サラリーマン(給与所得者)が、会社の業務命令で出張に行くとき、交通費(出張旅費)が支給されるのが一般的です。

この交通費は、職務上通常必要であると認められるものであれば、非課税所得となります。もらった人に所得税は課税されません。

加えて、この交通費は、通勤手当ではありません。きちんと区別しておきましょう。

詳細は、こちらの記事似て非なるもの:通勤手当と旅費交通費の違いを意識して節税をで確認してみてください。

個人事業主は事業収入

個人事業主が、取引先から交通費を支給してもらったときは、非課税所得にはなりません。事業収入になり、事業所得の計算上、収入の金額に加えます

サラリーマンの方と同じような状況ですので、非課税所得なのでは?という考え方もありますが、そうではありません。

取引先から支給してもらったというよりも、取引先に請求したのでくれたという認識にするとわかりやすいです。

支払ったものは経費になる

サラリーマンの場合は、非課税所得なのでプラスもマイナスない。

個人事業主の場合は、事業収入なのでプラスになる。

ちょっと不公平では?と思われるかもしれませんが、そうではありません。

個人事業主の場合、収入にうけた交通費に対して支払った交通費は、当然に経費になります。

この交通費には、宿泊代、飛行機代、電車代から高速道路の通行料、ガソリン代、駐車場代、ついでにいうと車の維持費まで幅広く含まれます。

もっとも、車の維持費は、その旅費分だけピックアップして経費にするということが難しいので、車の維持費全体を事業経費の中に入れるという計算になります。

取引先でない場合も

交通費は、取引先でないところから支給される場合もあります。

例えば、個人で開業されているお医者さんが、学会などに参加すると、その主催者から交通費が支給されるという場合などです。

相手が取引先ではないため、明確に交通費として請求していない場合であっても、事業の収入にしなければいけません。

もちろん、経費の方もきっちり計上してくださいね。

まとめ

サラリーマンは非課税で、個人事業主は収入にいれないといけないなら不公平だという感じもしますが、そんなことはありません。個人事業主ならその分経費に計上することができます。

個人事業主である場合には特に、その経理処理が収入・経費のどちらかだけにならないよう注意しましょう。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ