2018(平成30)年3月15日(木)まで:申告期限にスヌーズ機能はない

ありません。

申告及び納付の期限

2017(平成29)年分の

個人の申告所得税の確定申告。

申告及び納付の期限は、

2018(平成30)年3月15日(木)です。

この期限は、変わることがなく、

こういった機能も、もちろんありません。

スヌーズ機能

目覚まし時計を一旦止めても、

一定時間を置いて再び鳴り出してくれる機能。

スヌーズ機能には、

かなり助けられることもあります。

ただ、

前述した申告及び納付の期限には、

残念ながらこの機能がありません。

期限を先延ばしにすることは、

できないということです。

スヌーズ(snooze)自体には、

居眠りやうたた寝という意味があるようです。

できれば、

そういった自体は避けたいですね。

これだけはちょっとスヌーズ

ただこれだけは、

ちょっとスヌーズすることができます。

それは、

申告及び納付の期限ではなく、納付日。

これは、

・振替納税

・クレジットカード納付

・延納

を利用することによって、

その日付を少し先延ばしにできます。

上手に利用しましょう。

2017(平成29)年分確定申告:振替納税の手続きはいつまでに? 参考 納税・還付手続について国税庁ホームページ 参考 確定申告期に多いお問合せ事項Q&A【税金の納付】国税庁ホームページ
MEMO
個人事業者の消費税の方の申告及び納付の期限は、2018(平成30)年4月2日(月)。所得税の確定申告よりも半月先に設定されています。ただ、当然こちらもスヌーズすることはできません。

まとめ

2018(平成30)年3月15日(木)まで。

申告期限にスヌーズ機能はない。

申告及び納付の期限を

先延ばしにすることはできませんが、

納付日を少し先に延ばすことはできます。

もちろん、

それぞれ準備が必要になりますので、早めのご準備を。

いつも同じ結論になりますが^^;

 

 

◉編集後記◉

昨日は午後から岡山県真庭市北部の蒜山地域へ打ち合わせ。雪が思ったよりも少なくて助かりました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ