ライフプランの作成は:自分と家族の年齢を書き出して意識するところから

自分だけでなく家族の分も。

10年後の自分

10年後の自分は、

今よりも10歳年を取った自分です。

それを前提に、

自分はどのような生き方、暮らし方をしていくか

ライフプランを作成する必要があります。

何を当たり前のことをという感じですが(^^)

ただ、

そんな10年後の自分を考えるうえで、

忘れがちなことがあります。

10年後の自分を考えると同時に、

こういったことも考え、

意識しておかなければいけません。

同じように年をとる

年をとらない人間はいません。

誰もが同じように年をとります。

それは、

・自分

・家族

・友人

・仲間

例外なくです。

ライフプランを作成するときは、

そのことも意識しておかなければいけません。

調和がなければプランにならない

ライフプランの作成をするときは、

自分の年齢だけでなく、

家族や友人、仲間の年齢も意識しておく。

なぜそれが必要なのかというと、

どんなプランであっても、

調和がなければプランにならないからです。

自分はどのような生き方、

暮らし方をしていくかを考えるとき、

自分さえしっかりしていればいい

というものではありません。

全体を上手く調和させていくことが、

ライフプランの作成には必要です。

まとめ

ライフプランの作成は、

自分と家族の年齢を書き出して意識するところから。

自分はどのような生き方、

暮らし方をしていくかを考えるとき、

周囲の人たちの年齢は、必ず影響してきます。

試しに、自分と家族の年齢を

並べて10年書き出してみましょう。

今まで、

意識していなかった

見えていなかった

そんな状況がみえてきます。

 

 

◉編集後記◉

昨日は終日事務所内で。夜は子供たちのプール。温水プールなので室内が暖かく見学しながらついウトウト。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ