冬はつとめて(早朝)がいい:1,000年たっても変わらないもの

この寒さはつらくとも。

冬はつとめて

冬はつとめて

は、『枕草子』の一節。

春はあけぼの

ではじまる『枕草子』は、

1,000年以上前に、

清少納言によって書かれたとされています。

冬はつとめて

の「つとめて」は、早朝。

冬は、

朝早い頃がいい感じ

だと言っています。

好きなもの

以前何かで聞いて、

なるほどなと納得したことがあります(たぶんタモリさんが言っていた)。

いくら時代が変わっても、

好きなものはそう変わらない。

日本人が好きなものは、

日本の自然だという話。

それぞれの季節を強く感じると、

いつも思い出す話です。

1,000年たっても変わらない

冬は早朝がいい

というのは、

1,000年たっても変わらない感覚です。

普段から、

変わり続けることが大事

だと言い続けていますが、

変わらない=悪い

だけではないことも、

理解しておかなければいけません。

変わらないことを

良いか悪いかで判断するだけではなく、

好きか嫌いかという感覚でも語る。

そういったことも、

続けていくうえでは大事なことです。

まとめ

冬はつとめて(早朝)がいい。

1,000年たっても変わらないもの。

・変わらないこと

・変えていくこと

色々なものがごちゃまぜになりますが、

変わらない=悪い

だけではないことも、

理解しておかなければいけません。

ただ、この寒さ。

早く暖かくならないかな〜

と思う人の気持も、

また変わらないことです(^^)

 

 

◉編集後記◉

昨日の三連休最終日は、自宅で。朝起きたら少し雪が積もっていました。今朝もまた積もっています。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ