ねぇ遊べる?と言われたら:遊べるぐらいには時間をつくる

断るときもありますが^^;

ねぇ遊べる?

平常運転時の我が家。

7時にパートナーと子供たちが出勤&登校し、

15時か16時に帰ってくる(パートナーは21時頃)

といったスケジュールで動いています。

15時に帰ってきた時はいいのですが、

16時に帰ってきた時は、友だちと遊ぶには中途半端。

かと言って、

すぐに宿題をする気にはならない(してはほしいですが)。

そんな時に子供たちから出るセリフが、

ねぇ遊べる?です。

いわゆる繁忙期

そんな時に私が、

どんな返しをするかなのですが、

今(2018.2.16)は、

確定申告前のいわゆる繁忙期。

そう言いたくないし、

アピールもしませんが、

来客があって打ち合わせ中

ということもあり、

難しいこともあります。

ただ、

なるべくこのようには心がけています。

遊べるぐらいには時間をつくる

時間は、

あるか・ないか

ではなく、

つくるか・つくらないか

そのように考えて、

学校から帰ってきた子供たちと、

遊べるぐらいには時間をつくるようにしています。

これは、

時間をつくる

というよりも、

予定として組み込んでおく

という表現のほうがふさわしいです。

今日は◯曜日なので、

そういったこともあるな。

はじめからそう考えて行動しています。

まとめ

ねぇ遊べる?と言われたら。

遊べるぐらいには時間をつくる。

時間は、

あるか・ないか

ではなく、

つくるか・つくらないか

そのように考えると、

仕事も同じですね。

ない仕事をつくる。

そして新たな価値と時間をつくる。

生き方・暮らし方を考え直すきっかけにもなります。

 

 

◉編集後記◉

週末に練習試合が入っているので、2日分のカレーを製作。カレーを作る手際だけは妙に良くなるという小学生の親あるある(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ