あなたが思っているほど〇〇は:あなたのことを思っていない

◯◯には何が入りそうですか。

思い込み

思い込みってあります。

そうだと思い込んでいること。

例えば、

自分は相手にこう見えていると思い込んでいる。

この手順が最も効率がいいやり方だと思い込んでいる。

自分は組織にとって必要な人間だと思い込んでいる。

私自身、

この思い込みで、失敗することもあり、

反省することが多々あります(きっちり記録も残しています)。

そんな苦い思い出も含んだ思い込み。

思い込みについては、

こんなことも考えるようにしています。

あなたが思っているほど

あなたが思っているほど◯◯は、

あなたのことを思っていない。

強く思い込んでいることは、

自分の独りよがりであることも多く、

それに気づくための呪文です。

ここで重要なのは、

第三者視点になること。

自分が思っているほど相手は思ってない

と考えるよりも、第三者視点で、

あなたが思っているほど思ってないよ

と言ってもらう(ように考えておく)のがポイントです。

◯◯に入るのは

◯◯に入るものとしては、

色々なものが考えられます。

・社会

・お金

・時間

・組織

・仕組み

・会社

あなたが思っているほど◯◯は、

あなたのことを思っていない。

あなたがいなくても、◯◯は回ります。

悲しい事実かもしれませんが。

まとめ

あなたが思っているほど◯◯は、

あなたのことを思っていない。

◯◯には何が入るのか。

あなたがいなくても、

案外◯◯は、回っていきます。

それは、悲しい事実ですが、

あらたな視点を持つチャンスだとも言えます。

 

 

◉編集後記◉

昨日の夜は、子供たちのサッカーの練習試合。だいぶん暖かくなってきたな〜と油断してました。やっぱり寒い^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ