なぜ20歳にならないと:お酒が飲めないのか説明できますか

子供からの質問です。

なぜ?

子供からの「なぜ?」

よく、

なぜなぜ攻撃

なんてことを言いますが、

疑問に思ったことをすぐ口にするのは、

子供(特に幼児期から小学生くらいまで)の特徴です。

それに対しては、

なるべく納得のいく答えを返答できるようにしたい。

そのように考えています。

お酒は20歳になってから

つい先日、子供から出た「なぜ?」が、

なぜ20歳にならないとお酒が飲めないのか?です。

そう、

お酒は20歳にならないと飲んではいけません。

当たり前のことなのですが、

それを正面切って質問されると…。

そういうもんだと言われるだけでは、納得がいきませんよね。

どのように説明するか

なぜ20歳にならないとお酒が飲めないのか?

この質問に対する私の返答は、

自分で責任がとれないから

です。

責任をとらなければいけないという自覚の問題だけではなく、

今の制度では、法律上も責任をとることができない。

だからお酒は20歳になってからです。

一方で、

パートナーの返答は、

体の準備ができていないから

でした。

成長途中の体は、

お酒を受け入れるための準備ができていない。

だからお酒は20歳になってからです。

この「なぜ?」に対して、

どのように説明するのかというのは、

家族や友人も含め、

他人の視点を知ることができる良い機会です。

なるほど、そんな風に考えているのか。

そりゃあ、意見が合わないよなとか(^^)

あらたな気づきがありました。

まとめ

なぜ20歳にならないと、

お酒が飲めないのか説明できますか。

子供に聞かれたら、

なるべく納得のいく答えを返答できるようにしたい。

そう考えています。

さらに、それに対して、

他人がどんな説明をするのか

聞くことができる良い機会です。

そんな風に考えているのかと、

あらたな気づきがあるかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

昨日の日曜日は、パートナーと子供たちが友人たちとスキーへ。私は居残り。日焼けしそうなぐらい天気が良かったそうです。春が近づいてるかな。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ