MacBook Airを売却してみた:売却して入金があるまでの道程【準備編②】

MacBook Airを売却してみました。

MacBook Airを売却

MacBook Proを購入してからは、

出番が少なくなっていたMacBook Air。

今回、iPad Proの購入を視野に入れつつ、

MacBook Airを売却することにしました。

売却して入金があるまでの経緯をまとめています。

今回は、

【準備編②】

MacBook Airを梱包して引き取ってもらうまでです。

MacBook Airを売却してみた:売却して入金があるまでの道程【検討編】 MacBook Airを売却してみた:売却して入金があるまでの道程【申込編】 MacBook Airを売却してみた:売却して入金があるまでの道程【準備編①】

まずはキレイに

MacBook Air本体を

まずはキレイに掃除します。

どうせ売却するんだから、

今さらキレイにしておく必要もない

という考え方もあります。

でも、査定をするのは人。

印象も大切です。

今までありがとうの意味も込めて、

できるだけキレイにしておきます。

ここで壊れてしまった!ということなどないよう

専用のクリーナーなどを使いましょう。

梱包して引き取り

キレイにできたら梱包です。

私の場合は、引き取ってもらうときに

運送会社の方にさらに梱包してもらう

という方法をとりました(特別に料金がかかるということはありません)。

そのため、私の梱包作業は、

純正の箱に入れて終わりです。

注意点としては、

入れ忘れのないように

ということ。

そのために、購入時に箱だけではなく、

しっかり内容物の付属品ケースなども取っておくのがポイントです。

このケースって何が入ってたっけ?ってなりますから(^^)

梱包ができました。

左下にあるのは本人確認書類(免許証の写しなど)です。

引き取り時に、運送会社の方に一緒に入れてもらうよう渡します。

まとめ

MacBook Airを売却してみた。

売却して入金があるまでの道程【準備編②】

今までの感謝も込めて、

売却する時はキレイにして引き取ってもらいましょう。

箱はもちろん、

内容物の付属品ケースなども取っておくのがポイントです。

時すでに遅し!

となることもあるかもしれませんが(^^)

さて、いよいよ次は、

査定の連絡から入金があるまで

【査定・入金編】

です。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、家族で次男のお誕生日会。この日を待ちに待っていた本人。かなり嬉しそうでよかったです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ