子供と一緒に運動すると:子供は自分を超えていくことを実感する

もう追いつけません^^;

子供と一緒に運動をする

以前は、子供たちに

公園でも行くか〜

と言っていた私。

近頃は、子供に

ちょっと走ろうや

そう言われる方になってしまいました。

子供と一緒に運動をするのは、

こんなことを実感するからオススメです。

追いつけない

ちょっと走ろうや

で、

走り出したのはいいのですが、

途中でいつも後悔します。

特に、来年度から

小学6年生になる長男には、

抜き去るどころか、

追いつくことさえできません。

ちょっと無理したら、

何とかいけそうかも?

の域もすでに超えてしまっています。

自分を超えている

子供は、

まだまだ自分の力にはおよばない。

自分の力のほうがまだまだ上だ。

そのように思っていませんか。

もちろん、

まだまだというところはたくさんあります。

でも、

特に運動に関しては、

子供は伸び盛り。

自分は衰えるばかりです。

そういったときに実感するんです。

もうとっくに自分を超えているんだなと。

まとめ

子供と一緒に運動すると、

子供は自分を超えていくことを実感する。

子供は、

まだまだ自分の力にはおよばない。

できるはずがない。

そう思っていませんか。

そんな時は、

子供と一緒に運動をする。

自分をとっくに超えている

そういう部分もあるのだなと

あらためて実感するのでオススメです(^^)

 

 

◉編集後記◉

昨日の夜は、自分が食べたかったこともあり、肉わかめうどんを。次の日の給食が麺類だということなど関係ありません(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ