Sleep Meister(スリープマイスター):睡眠時間を記録するのに便利です

iPhoneユーザー向けにはなりますが。

Sleep Meister(スリープマイスター)

iPhoneで使っている

Sleep Meister(スリープマイスター)

というアプリ。

このSleep Meisterは、

いわゆる目覚ましアプリです。

時間を設定しておくとその時間に

お気に入りの音楽で起こしてくれる。

と、ここまでは普通の目覚ましアプリなのですが、

特徴的なのが、そのタイミング。

設定した時間ぴったりに鳴りはじめるのではなく、

ここなら起きやすいと思われる時間をアプリが判断し、

前もって少しづつ目覚ましが鳴りはじめます。

毎日計測をしているので、

その時間は一定ではなく、常に変化していくという訳です。

それからもうひとつ。

使っているのは、こちらの理由のほうが大きいです。

最適な睡眠時間は何時間か

最適な睡眠時間。

それは、7時間とも8時間とも言われています。

ただこれは、

一般的には

ということになるでしょう。

人によっては、

・3時間で十分

・10時間は寝ないと疲れがとれない

という方もいます。

その時間は人によってまちまち

というのが、実際のところではないでしょうか。

睡眠時間を記録して探ってみる

最適な睡眠時間は、人によってまちまち。

だからこそ、まずは自分の睡眠時間を記録してみることが必要です。

自分がいつも何時間睡眠をとっているか

はっきりと答えるのは、難しいものです。

だからこそ、まずは記録をとり、

それからさらに最適な(だと思われる)時間を探っていく。

その手間が必要です。

そんな睡眠時間の記録を簡単にできるのがSleep Meister。

自分の睡眠時間を探るのに、

とても適しているアプリです。

まとめ

Sleep Meister(スリープマイスター)

睡眠時間を記録するのに便利です。

Sleep Meisterではその他にも、

寝言を記録する機能などが用意されています。

さらに、これだけの機能。

なんと無料※で使うことができるんです。

※無料版(Sleep Meister Lite)だと、広告バナーが鬱陶しいので、私は有料(120円)で使っています。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、子供たちのサッカー練習に参加。足よりも腕が痛くなるのは、年齢とともに可動域がかなり狭まっているからと見た(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ