「教える」から「一緒に考える」へ:意識している3つのこと

共に歩んでいくパートナーとして。

「教える」仕事には価値がある

・自信がないので見てほしい

・専門外なので教えてほしい

・よくわからないからやってほしい

そういったニーズに答えるため、専門家という仕事はあります。

様々なニーズに合わせた「教える」仕事には一定の価値があり、

これからも無くなりにくい仕事のひとつだと言えるでしょう。

ただ私の場合、

長くお付き合いしていくためには「教える」仕事を減らし、

「一緒に考える」仕事を増やしていく必要があると思っています。

できるようになる価値で:自由になる価値を手に入れる

一方で、

「一緒に考える」とひと言で言っても、

何をどう一緒に考えるのかということついては、

具体的にはっきりしない、伝わりにくいことだとも感じています。

そのため「一緒に考える」には、

このようなことが必要だと意識しています。

「一緒に考える」ために意識している3つのこと

【1】聞くからはじめる

まずは、聞くことからはじめます。

・事業がどのような状況か

・儲かっているのかいないのか

という具体的なことから、

・今期(今年)は税金がたくさん出そうな気がする

・今後はこういったことをやってみたい

という感覚的なことまで。

ただぼんやりと頭に浮かんだことでもかまいません。

まずは、自身の口で、

自身の事業の状態や置かれている状況を語っていただくことが重要です。

【2】資料をつくりすぎない

数字を追っていくと、

知っておいてほしいこと・取り組んでいきたいことが、

山のようにあることがあります。

では、それを全部説明して、

行動にうつしていくのかというと、

物理的・時間的に難しい状況であることも多く、

正に、絵に描いた餅。

ただいたずらに時間を過ごすだけの

意味のない議論になるということもあります。

そうならないためにやっているのが、

資料をつくりすぎないということ。

大事なことにフォーカスできていなければ、

一緒に考えようとしていること自体、ブレてしまいます。

【3】決定権を持たない

提案はしますが、

決定権は持ちません。

こうするのがいいというのは、

なるべく口に出さないようにしています。

決定権はあくまで、先方にある。

決めるのは自分、やるのも自分です。

【おまけ】合わないと言われたらあきらめる

いくらいいと思って提案しても、

それが合わないということはあります。

そんな時は、

そのやり方にこだわることはありません。

みんなにとっていい(と言われている)ことでも、

自分には合っていないということを肌で感じる。

そういった方は、

事業を長く続けるための素質を持っている方です。

その感覚は、大切にしなければいけません。

まとめ

「教える」から「一緒に考える」へ。

意識している3つのこと。

どんなに斜め上の角度から切り込まれたとしても、

できるだけ「一緒に考える」ような状況をつくりたい。

そのように考えて仕事に取り組んでいます。

ただ、こうやって文章にすると、

足りていないことが明確になりますね。

まだまだ研鑽の日々です。

もちろん、完成形はありませんが。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、祝日でお休み。なので、朝からローラーを。お墓参りをしようにもすごい雨で延期に。夜は子供たちのプールへ。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ