クラウド会計について幅広く知れる:『できる税理士は知っているこれならうまくいくクラウド会計』

あらためて意識できました。

『できる税理士は知っているこれならうまくいくクラウド会計』

私の事務所では原則、

クラウド会計ソフトしか使っていません。

それは、

従来のインストール型の会計ソフトにはない

多くの利点や可能性があると考えているからです。

そんなクラウド会計ソフトを含め、

クラウド会計について書かれた

『できる税理士は知っているこれならうまくいくクラウド会計』

を読みました。

幅広く知れる

この本では、

クラウド会計ソフトだけでなく、

クラウド会計ソフトを中心に、

・レジシステム

・カード決済

・請求書発行

・勤怠管理

・給与計算

・オンラインストレージ

・WebFAX

・グループウェア

・その他のクラウドサービス

などが、幅広く紹介されています。

どちらかというと、それぞれを深く学ぶというよりも、

クラウド会計周辺のことを、広く浅く全体的に知るといった印象。

そのため、こういったことをより意識できるようになりました。

全体の調和

クラウド会計ソフトを使うだけでは、

クラウド会計のすべてを語ることはできません。

使いこなせているという状態にするには、

前述した周辺サービスの導入も検討すべきでしょう。

ただ、

それぞれにコストがかかることも事実。

すべての事業者が、

すべてのサービスを利用して、

クラウド会計の仕組みを完成させる。

これもまた、現実的ではありません。

やはり大切なのが、全体の調和です。

それぞれの事業に合ったものを選び、

会計をはじめとした仕組み全体の調和をとっていく必要がある。

税理士には、そのフォローが求められます。

まとめ

クラウド会計について幅広く知れる

『できる税理士は知っているこれならうまくいくクラウド会計』

やはり大切なのが、

それぞれの事業に合ったものを選び、

仕組み全体の調和をとっていくということ。

それゆえ税理士として今後も、

この分野のことについては、

知る・試してみるという行動が欠かせませんね。

できる税理士、とはいかないかもしれませんが(^^)

 

 

◉編集後記◉

昨日は、午前中事務所内。午後から打ち合わせが1件。学期末で短縮授業なので子供たちが早く帰ってくるようになりました。もうすぐ1年(年度)が終わります。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ