家、買いますか?借りますか?:税理士である私はこう答えてます

根拠がないと言われても…。

借りたほうがコスパはいい

まず、

借りたほうがコスパはいい

ということは言っておかなければいけません。

家を買うと、

住み替えるということがなかなかできません。

借りた家なら、

住み替えたければ、借り直せばいい。

住んでいる物件と同じ家賃で、

新しい物件を探すことができれば、

同じ家賃で物件が新しくなる=コスパがいい

ということになります。

買った家ならその価値は、

年数とともに下がっていくだけです。

通常その価値は、

二度と上がることはありません。

コストパフォマンスは、

買うよりも借りたほうがいいんです。

でも、コスパだけで決めれますか

だったら、

借りたほうがいい

という結論になる。

…のですが、

ちょっと待ってください。

この質問をせずして、

買う・借りる論を語ることはできません。

それが、

・好きなもの、ありますか?

・これは譲れないというもの、ありますか?

という質問です。

それは、何でもかまいません。

・好きなマンガやアイドル

・お気に入りのアーティストや洋服

・ごほうびに行く焼肉屋

・一日の疲れを癒やすお風呂

・ビールの銘柄

・どちらの足からくつ下を履くか・・・

誰にでも、

好きなものや譲れないものがあります。

では、

その好きなものや譲れないものについて考えるとき、コスパって考えてますか?

多分、ほとんどの場合、それを無視しているはずです。

本当に好きなものや、譲れないものに、コスパなんて関係ないですよね。

どんなことにもコスパがありますが、

無視しているコスパだってたくさんあります。

家もそうだと思うなら、

買うより借りたほうがいい。

そういった結論には、

ならないかもしれません。

愛があれば・・・

かなり税理士っぽくない答え方かもしれません。

本当は、もっと論理的かつ合理的に、

数値などを示し、根拠を持った納得のいく回答ができたほうがいいのかもしれません。

でも私はあえて、この質問については

愛があれば・・・と言っています(^^)

住宅ローン、嫌ですよね。

でも、少し負荷があったぐらいのほうが、愛は深まるというものです。

夫婦で働き続けないといけないかもしれません。

でも、住宅ローンは夫婦の絆を深めるひとつのアイテムだと考えることもできます。

ただ逆に、

愛がなければ、これらのことに耐えることはできません。

はじめから家には、執着しないほうがいい。

そういった苦言を呈することになります。

まとめ

家、買いますか?借りますか?

税理士である私はこう答えてます。

これは「買うか、借りるか」という

単純な話をした場合の私なりの回答です。

周辺のことを考慮に入れていくと、

話はもっともっと複雑になってきます。

最後はやはり、

どこに「価値」を感じるか

になるでしょう。

もちろん、

購入計画やローンの金額、

お金の将来設計が適正かどうかとは、また別の話。

買うか借りるかが決まったら、そこからが私の出番。

無理なく愛せるプランを一緒に考えましょう。

MEMO
この記事は、2015.10.29に更新した記事を再編集・追記した記事です。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、ひとり税理士のAI仕事術セミナーに参加。会いたかった人たちにもたくさん会えました。ここ最近で一番テンションが上がった一日に。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ