東京・自転車シェアリング:クレカ登録が嫌ならドコモケータイ払いもできる

体験してみました。

東京・自転車シェアリング広域実験

東京・自転車シェアリング広域実験という何だか難しい名称がついている自転車シェアリングサービス。

NTTdocomoが主体となって実施されているこのサービスは、スマートフォンの機能と連動して使用・決済ができ、その通知もメールでの確認になるため、人を介してのやり取りをする必要がありません。

また、指定されたシェアリングポートならば、どのポートにでも返却することができるというのも利点のひとつ。

東京に行った時には、利用しようと思っていたこのサービスを利用してみました。

参考 東京・自転車シェアリング広域実験DOCOMO BIKE SHARE, INC.

会員登録して利用

利用するためには、会員登録が必要です。

このような画面から

必要な情報を登録していき、会員登録。

それに加えて会員証登録をして、会員証登録用パスコードを発行してもらいます(このあたり若干手間です)。

その後の自転車の具体的な利用については、メールでの指示があり、それに従って手続き、利用するといった流れになります。

ただ、問題となったのが決済。

決済については、

・交通系ICカードを使わない(あっても地方では役に立たない)

・おサイフケータイは使えない(iPhoneユーザー)

・クレジットカードは登録しない(むやみにはしたくない)

という個人的な条件付きです。

これでは決済できないのでは?という感じなのですが、無事に決済できました。

決済については、このような選択肢もあるからです。

ドコモケータイ払いもできる

決済については、クレジットカード登録だけでなく、ドコモケータイ払いが選択ができます。

「ドコモケータイ払い」なんだか懐かしい感じもしますが…

ドコモケータイ払いなら、他に手続きはいらず、決済としては、通常の通信料金に加算されて請求されることになります。

ちょっと疑いながらも、安定感と実店舗メリットを買ってのdocomoユーザーなのですが、一応、キャリアであることのメリットがありました(^^)

まとめ

東京・自転車シェアリング。

クレカ登録が嫌ならドコモケータイ払いもできる。

docomoユーザーであるメリットが、若干ですがありました。

東京は自転車で移動するのに意外と便利な街です。

当日は天気も良く、気持ち良く移動ができました。

東京に行かれた時は、利用してみるといいかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は打ち合わせが4件。お客様にキジがいると言われびっくり。事務所の前の山に本当にいました(写真真ん中)野生です。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ