ブログを書く作業は:削ってカタチを出す作業に似ている

825478A1 A10A 45B7 833E B4E59A89708A

最初は、本当にぼんやりなんです。

ブログの書き方

ブログの書き方には正解があり、その正解が分かれば、書くのがもっと楽になるのかなと考えることがあります。

正解が分かれば、この書き方で合ってるのかなあという「書く」迷いがなくなるからです。

ただ、書いて書いて書きまくっても、その正解は出てきません。

まあ、これだけ書いていると薄々は感づいていましたが(^^)

ただそれでも、スタイルのようなものは出てきます。

正解ではありませんが、自分なりに出てきたスタイルがこれです。

最初はかなりぼんやりしてる

ブログの書き始めは、意外にもかなりぼんやりしています。

ブログの内容が、税金についての話に及ぶものであれば、これとこれは書いとこうかというのがあります。

ただ、そうでなければ、本当にぼんやり。

Evernoteのメモ

それをタイトルにしてみる

タイトルから言いたいことをひとつ決める

それに合わせて見出しをつけていく

内容は、行ったり来たりを繰り返しながら

といった感じ。

決めたタイトルは、書いている途中で変えることもあります。

削ってカタチを出す

前述したブログの書き方のスタイルもそうですが、ブログを書く作業は、全体を通して削ってカタチを出す作業に似ています。

大きくて境目がなく、ぼんやりとしているけれど、コアなところは何となく見えているので、そこまで一生懸命カタマリを削って、なんとかカタチを出す。

そのように考えると、ブログを書くことは、ひとつのアートなのかもしれません。

まとめ

ブログを書く作業は。

削ってカタチを出す作業に似ている。

ブログを書く時は、意外にもとりあえずで書き始めています。

少し大袈裟かもしれませんが、ブログを書くことは、ひとつのアートなのかもしれません。

ですので、荒削りなところは、広い心で。

ご容赦ください(^^)

 

 

◉編集後記◉

昨日は、土曜日。予定されていたサッカーの練習試合が雨で中止になり、ゆっくりとした休日になりました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ