2021(平成33)年3月31日まで:相続による土地の所有権の移転登記の免税措置

期間限定で。

相続による土地の所有権の移転登記の免税措置

相続により土地の所有権を取得した個人が、その相続によるその土地の所有権の移転登記を受ける前に死亡した場合は、その死亡した個人をその土地の所有権の登記名義人とするために受ける登記については、登録免許税を課さないこととする制度が始まっています。

どういった場合に?

文章だけではわかりにくいので、具体例を示してみます。

祖父(おじいちゃん)

父親

自分

という順番で土地の相続があった場合です。

※祖父(おじいちゃん)と父親はすでに他界しているという前提です。

1skitch

その場合、このように相続が発生するごとに、順に相続登記をしていくのが通常です。

2skitch

ただ、父親の代で何もしていないので、土地の名義が祖父(おじいちゃん)の名義のままになっているということがあります。

3skitch

その場合、自分が父親の代の分まで、自分の代で相続登記しなければいけません。

そういったときに、通常必要になる登録免許税が、免税になるという措置です。

4skitch

今のところは期間限定

この特例は、

2018(平成30)年4月1日から2021(平成33)年3月31日

までの間にされる登記について適用することとされています。

そのため、今のところは期間限定。

期限切れにならないように注意が必要です。

具体的な手続きについてはこちらを参考に。

参考 相続登記の登録免許税の免税措置について法務局ホームページ

まとめ

2021(平成33)年3月31日まで。

相続による土地の所有権の移転登記の免税措置。

土地や建物の名義が、

・先々代のままになっている

・相続があったけど今まで何もしていない

そういった場合は、この機会に手続きを進めてみてもいいかもしれません。

ただし、今のところは

2018(平成30)年4月1日から2021(平成33)年3月31日

までの期間限定。

心当たりのある方は、早めの手続きをおススメします。

 

 

◉編集後記◉

昨日は午前中打ち合わせ。午後から事務所内。朝はひんやりしていますが、昼間は本当に暖かくなってきました。太陽が眩しい。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ