2019(平成31)年1月から:確定申告書等作成コーナーでのe-TaxがID・パスワード方式も可能に

1skitch

暫定的ではあるようですが。

e-Taxで申告

e-Taxで申告をする際の選択肢として、従来の

・マイナンバーカード

・ICカードリーダライタ

の2つを使ってするマイナンバーカード方式に加え、

・ID

・パスワード

の2つを使ってするID・パスワード方式が加えられました。

MEMO
ここでの「e-Taxで申告」は、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」でする所得税・消費税・贈与税の確定申告(修正申告を含む)を指しています。

ID・パスワード方式

ID・パスワード方式は、前述したように

・ID

・パスワード

の2つを使ってするe-Taxの申告方式です。

具体的には、

税務署で職員との対面による本人確認を行う

本人確認後、IDとパスワードが発行される

その2つを使って確定申告書等作成コーナーからe-Taxをする

というもの。

これによって、従来必要だったマイナンバーカードとICカードリーダライタの2つが不要になりました。

実務をしているとよくお聞きするのが、マイナンバーカードは持っていても、ICカードリーダライタまで用意するのはな〜という声。

今回のこのID・パスワード方式の導入によって、そういった方たちにも利用がしやすくなっています。

2019(平成31)年1月から

このID・パスワード方式は、

2019(平成31)年1月から

手続き開始になっています。

来年(2019(平成31)年)申告の対象になる2018(平成30)年分の確定申告から使うことができるということですね。

ちなみに、前述した申告に必要なIDとパスワードの発行については、すでに(2018(平成30)年4月から)各税務署で受付が開始されています。

まとめ

2019(平成31)年1月から。

確定申告書等作成コーナーのe-TaxがID・パスワード方式も可能に。

ID・パスワード方式が導入されることで、さらにe-Taxでの申告が取り組みやすくなっています。

こういったインフラ整備は、大歓迎。喜ばしい対応ですね。

ただ、これはあくまで暫定的な対応で、国税庁では従来のマイナンバーカード方式を推奨しているとのこと。

今後の対応には、少し注意しておかなければいけません。

 

 

◉編集後記◉

午前、午後と打ち合わせ。私がする新しい提案にも前向きにチャレンジしていただけています。嬉しい限り(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ