シンプルに考えて経営に活かす:お金の使い方は3つだけ

195AC4BB 3152 464D A2AA EAD7E479EEA0

答えはいつもシンプルに。

シンプルに考える

何事もシンプルに考えるようにしています。

ビジネスに限らず、どのようなことでも、いろいろな事情が複雑に絡み合って成り立っていることは明らか。

だからこそ、シンプルに考える。

今回は、経営にとって一番大事とも言えるお金の使い方についてです。

投資・消費・浪費

経営にとって大事なお金の使い方は、3つだけ。

【1】投資

【2】消費

【3】浪費

の3つです。

具体的にはまず、【2】の消費。

これは、経営をするうえで、ベースとして必要になるお金です。

・人件費

・家賃

・水道光熱費

・保険料

・消耗品費

・旅費交通費

こういったものは「消費」です。

経営をするうえで、必ず必要になってくるお金。

「仕方のないお金」という言い方もできますね。

この消費に似たものが、【3】の浪費です。

浪費は、説明するまでもなく、ムダなお金。

ただ、個人的にはこの浪費。

多少はあってもよいと考えています。

面白いことは、浪費からはじまる。

そういった側面もあるからです。

この中で、一番いいお金の使い方は【1】の投資です。

ここでの投資の定義は、使ったお金以上のお金を生むお金の使い方をすることを指します。

経営はある意味、お金を増やすために何にお金を使うかを考えるゲームのようなもの。

その醍醐味を一番味わえるのが、この投資です。

経営においては、消費ではなく、ましてや浪費でもなく、この投資について真剣に考えておく必要があります。

具体的な話をひとつ

具体的な話をひとつしてみます。

例えば、「車を買う」といった場合、これは投資・消費・浪費のどれになるでしょうか。

まずは、消費という考え方。

特に地方では、経営に車を使うことは、必須です。

そうなると「車を買う」ことは、仕方のないことだと捉えることができますね。

つまり「車を買う」ことは、消費です。

浪費という考え方もあります。

現状、消費で足りているのに、それ以上に車を購入するといった場合や、消費で足りるスペック以上の車を購入するといったような場合です。

業種によっては、投資という考え方もできるでしょう。

カフェ経営における移動販売車などは、投資。

「車を買う」ことによって、売上を伸ばすことができる。

これは、お金を増やすためのお金=投資です。

もちろん、売上が増え、お金が残る見込みがあっての話にはなりますが。

まとめ

シンプルに考えて経営に活かす。

お金の使い方は3つだけ。

経営に必要なお金の使い方についての考え方。

こういった考え方は、シンプルに考えなければいけません。

こういった場合もあれば、ああいった場合もあると考え始めるとキリがありません。

そんな時は、お金の使い方を3つに分けて考えてみましょう。

経営にとって必要なお金の使い方が見えてきます。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、参観日→学級懇談→PTA総会の新年度コンボ。13:00からはじまって終了は17:00。ふぃーという感じです^^;もちろん、大事なことばかりなのですが。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ