お金って何なのか?:道具なら変わっていって当たり前

E1E19797 5A68 47FE 8053 5CCE0792FF0A

道具なら。

お金って何なのか?

この仕事をしていて、切っても切れないもの。

それが、お金です。

お金は普段、特別意識をしている訳ではないけれど、でも時々現れては意識をさらっていく。

そんな距離感がもどかしくも、常に気になる存在。

生きていくうえで、絶対に必要なものだと思える時があれば、ただの数字のカタマリように見える時もある。

だからこそ、お金って何なのか?考える機会を意識的に持つようにしています。

お金は道具

元来、人は、欲しいものがあれば獲って手に入れるという生活をしていました。

ただそれには限界があり、今度は、自分の欲しいものと自分が持っているものを交換するという活動がはじまります。

さらに、その交換にも限界がありました。

交換するモノとモノの価値を、等しくするのが難しいという限界です。

そのため、それをわかりやすくするために登場したのがお金。

お金は、交換するモノとモノの価値の溝を埋めました。

そのように考えると、お金は、モノとモノを交換するための道具だともいえます。

道具なら変わっていって当たり前

お金は、モノとモノを交換するための道具。

そのように捉えると、こういった視点も生まれます。

普段、生活に使っている道具。

道具は、使いにくいところがあれば、すぐに改善され、より便利に使いやすく見直しされ、変わっていくことが当たり前です。

お金も同じ。

お金も道具なら、変わっていって当たり前です。

場面や状況によって使い方が変わっていくのはもちろん、より便利に効率的に根本から捉え直すことも必要になるでしょう。

それが世の中の流れ、必然です。

なので、いくら苦手だと言っても、こういったことはやはり必要ですね^^;

苦手なものはどうしてる?:苦手だからこそ知っておく

まとめ

お金って何なのか?

道具なら変わっていって当たり前。

お金は変わらないものだという思い込み。

その思い込みが、変わる機会を逃していることがあるかもしれません。

お金も道具なら、変わっていって当たり前です。

特にその使い方については、大きな変遷期に突入しています。

先入観なく、常にアンテナを張り続けていかなければいけません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、地域活動(廃品回収)に参加。これまで何とかやってこれていますが、世帯数の減少を受け、在り方を考える時期が来ています。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ