実は高額商品です:保険に入る目的を意識していますか

9A61DCB0-04B6-4C2B-B64F-621AAF2CE980

【目次】

  1. はじめに
  2. 何かあったときのため 目的1つめ
  3. 退職金と節税のため 目的2つめ
  4. 2つに共通する大切なポイント
  5. おわりに

1.はじめに

会社で購入するもので高額なものの代表といえば、機械?車?意外かもしれませんがそれは保険です。今回は会社が保険を契約する目的を2つにまとめ、その2つに共通する大切なポイントを確認します。

2.何かあったときのため 目的1つめ

万が一、代表者に何かあったとき。気になるのは会社の当面の資金繰りと借入金の残高です。保険金がこれらの原資として有効なのは明らかです。また、逆の見方をすればいくらの保険に加入するかで借入金の限度額を設定することができます。保険金がこれだけだから借入れはここまでしてもいいというめやすをたてることができます。

3.退職金と節税のため 目的2つめ

1/2が損金になる保険など解約による返戻金を見込める保険。これは解約と退職のタイミングを合わせることにより、返戻金が退職金の原資になります。また、そこまでの保険料の一定部分が会社の経費になり節税効果があります。経費となった部分は解約時収入になりますが、退職金と相殺するため利益は出ないという仕組みです。

4.2つに共通する大切なポイント

大切なことは、目的をブラさないこと。保険に加入する目的が、2つの目的どちらであってもかまいませんが、当初の目的がブレないようにすることが重要です。保険には更新があります。より有利な保険をと保険会社の担当者は新しいものをすすめてくれます。そのときは必ずこの保険は何のために加入したのか、その目的は達成されるのか思い出すようにしてください。

5.おわりに

保険は高額商品です。月々の支払いは低額でも、何年、何十年と払い続けていくものです。目的をはっきりさせ、さらにその目的がブレないように賢い買い物をしてください。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ