子供が成長を感じられるように:子育ての中で自分に課していること

D47AE200 6EC8 4E20 9324 A20E99C7D4D6

自分自身も。

子供は育つ

放っておいても、子供は育ちます。

どんな環境にも慣れていく姿を見ていると、日々、子供ってたくましいなと。

ただ、どのように育って欲しいかという希望を言えば、また少し違ったことになってくるのかもしれません。

成長を感じられるように

子供にどのように育って欲しいか。

良い子に育って欲しいとはこれっぽっちも思っていませんが(そもそも「良い子」の定義がよくわかりません)、生きるための力はつけて欲しいものです。

たとえ仕組みがなくなっても:生きていくために必要な力とは 価値観を切り替える:税理士が自分の子供につけさせたい力とは

さらには、その力や成長を自分で感じられるようになって欲しいですね。

まあ、親の勝手な願いですが(^^)

ただ、こういったことを大切にしておかないと、どれだけ願っていても、それが子供に受け入れられることはないだろうと考えています。

自分の成長は感じれているか

子供に成長を感じられるようになって欲しいと願う前に、成長を感じるということを親自身も自分で常に体感しておくこと。

それが実感としてあり、その背中を見せ続けることで、子供にも感じ入るところが出てくるはずです。

成長は、いくつになっても、どんな状況になっても感じられる。

それを実践していことは、子育ての中で、自分に課していることのひとつです。

まとめ

子供が成長を感じられるように。

子育ての中で自分に課していること。

子供が自分で成長を感じられるようになるためには、親自身も成長を感じ、その感覚を掴んでおかなければいけません。

歩みを止めない。

特にフリーランスという立場。

歩みを止めることは、すなわち死を意味します。

フリーランスであることの価値を、追求し続けなければいけません。

 

 

◉編集後記◉

iPadPro 12.9を購入。購入先を別にしたので、まずはApple Pencilだけが先に届くという…。

0258E6F7 70ED 4608 A0E5 59B271677555


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ