何でもできると教えてくれる:「創る」にある本当の意味

8D87DBAB ADDF 429A B004 1608BFF3BC44

創り出すすごさがあります。

奇想天外ホテル

たまたま見つけた一冊の本。

世界中の奇想天外なホテルをまとめたものです。

ここに出てくるホテルは、型破りで非常識なものばかり。

思わず、

「正気ですか?」

と問いかけたくなるような(^^)、開くたびにワクワクする本でした。

何でもできると教えてくれる

そんな奇想天外なホテルを集めたこの本。

前書きに印象的な一節がありました。

それが、”やろうと思えば「何でもできる」と教えてくれる”という一節。

ホテルには、いわゆる「ホテル」というイメージがあり、それを大切にしているからこそ、ビジネスになると言えます。

清潔で、リラックスできて、快適に過ごせる。

でも、この本に載っているホテルは違います。

中には、安心して過ごせるとは言えないようなホテルも…。

たとえホテルであっても、何でもできる。

そこには、創り出すすごさのようなものがあります。

「創る」にある本当の意味

クリエイティブであれとは、ビジネスの現場でもよく言われていることです。

仕事と作業は違う。

仕事は、クリエイティブでなければいけない。

ただ、創り出すはずの仕事が、実際には予測や予想をする作業になってしまっていることもあります。

パターン化されているもの中から選ぶことに慣れ、そうあるべき仕事が、一番良いと考える。

これでは創り出すすごさを感じることはできませんね。

ある意味、情報が手に入りやすくなった弊害だと言えるのかもしれません。

まとめ

何でもできると教えてくれる。

「創る」にある本当の意味。

自分では創り出しているつもりでも、それが予測や予想になってしまっている。

本当の意味での「創る」とは、何でもできると思わせてくれる。

そんなパワーが備わっていることなのかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

AppleMusicでMr.Childrenの主だった曲(ほぼ全曲?)が配信に。しばらくは聴いてしまいそうです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ