Apple Music!:その常識はいつまで常識か

40FDFFEB 242B 4CD6 A1CB 00073FC0F434

2015.7.1にスタートしたApple Music。

今では、仕事においても、生活においても、なくてはならない存在になりました。

この記事は、そんなスタート当初に書いた記事。

音楽を聴く行為の常識が、塗り替えられた瞬間です。

Apple Music サービススタート

そろそろ始まると言われていたApple Musicがついにサービススタートとなりました。

定額制の音楽配信には以前からLINE MUSICやAWAなどがありましたが、満を持しての巨人登場です。

配信サービスはここまで来ている

このApple Music。

使えるサービスなのでしょうか。

配信曲数は、3千万曲(記事掲載時)。

もちろん数えるわけにはいきませんが、内容はかなり充実しているようです。

そして、お得意のセレクション機能。

必要ないと感じる時もありますが、あるとやっぱり便利です。

3ヶ月の無料期間後は、月額980円。

レンタルショップで借りても、何枚かでそのぐらいの値段になりますし、有線サービスならもっとかかるかもしれません。

金額面でも、かなりお得感がありそうです。

常識はどんどん塗り替えられていく

私が経験しただけでも、

レコード(小学生)

カセットテープ(中学生)

CD(中学・高校)

MD(大学・社会人)

HD(社会人)

配信(今ココ)

と音楽を聴くために用意されてきた環境は、どんどん変わっていきました。

それぞれの場面で「これは新しい!」と驚きましたが、それが普通になり、また新しいものが出てきて、飛びつき、普通になるの繰り返しです。

常識は、すぐ次の常識に塗り替えられていきました。

果たしてこれが最後の常識になるのか。

見ものです。

まとめ

Apple Music!

その常識はいつまで常識か。

これだけの移り変わりを経験したものもあれば、全く変わっていないものもあります。

例えば、傘。

江戸時代?平安時代?ぐらいから、ほぼその形は変わっていないでしょう。

変わらないものが必ずしも良いというわけではないのですが、変わっていくもの、変えていくもの、変わらないもの。

その本質をきちんと捉えて、経営や事業の効率化に生かしていかねばいけません。

 

 

MEMO
この記事は、2015.7.8に更新した記事を加筆・再編集した記事です。

◉編集後記◉

最近心がけているのが鼻呼吸。意識していなかったのですが、普段口で呼吸をしていることが多いようで…。鼻を使うのも練習だそうです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ