サードの入り方によって違う:コーヒーの味わいが決まるポイントは?

スクリーンショット 2018 06 30 11 37 15

サードをどうコントロールするかです。

コーヒー

コーヒーが好きです。

・コーヒー

・音楽

・自転車

の3つが、自分の中での三大「好きなもの」

もうひとつ、漫画を加えれば四天王です(^^)

コーヒーの淹れ方

そんな大好きなコーヒーなので、できるだけ美味しく飲みたい・お出ししたいという欲求は止まりません。

コーヒーの淹れ方は、ペーパーフィルターを使ったハンドドリップで、そのときの状況によった豆を使って淹れています。

季節・天候・気温・体調・気分・時間・場所で変わる:コーヒーが好き 産地や焙煎方法、淹れ方はなんでも来いですが:これだけはこだわっています

サードは入りすぎても入ってなくてもダメ

コーヒーって抽出する時間帯によって、液体の濃さや風味が違うことをご存知ですか。

コーヒーの抽出液は、主に3段階に分かれています。

細かくは、多段階に分かれているようですが、この3つを押さえておけば大丈夫。

少し意識してみると、美味しいコーヒーを淹れることができます。

それぞれの特徴としては、

【ファースト】

最初の抽出からはじまる濃い段階の液。

これぞコーヒーという味がするが、苦味が強いのでこれだけで飲むのはちょっと厳しい。

【セカンド】

2段階目の液。

ファーストよりは飲みやすくなっているが、コーヒーとしては少し物足りないかも?

【サード】

3段階目。

渋味やえぐ味があるため、これだけで飲んでも美味しくはない。

という特徴があります。

この中でも、一番ポイントになるのがサードです。

前述したように、良いところ無しのようにも感じるサード。

むしろ、入っていないほうがいいのでは?とも思ってしまうのですが、このサードは、入りすぎても、入っていなくてもダメなんです。

このサードをどうコントロールするか?

これが美味しいコーヒーを淹れるポイントで、一番難しいところです。

まとめ

サードの入り方によって違う。

コーヒーの味わいが決まるポイントは?

重要なのは3つの抽出段階のバランスです。

どのくらいサードを入れるのか?というのは、何度も入れ直して自分なりの答えを出していかなければいけません。

私もまだまだ研究中。

ただ、これ!という答えは、いくらやっても出ないような気もしています。

それがまた、面白いところではあるのですが。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、子供たちのサッカー練習への参加日。4対2のボール回しに参加してみたのですが、これがキツイ。ヘロヘロになりました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ