2018(平成30)年上半期は133冊:読んでよかった本5選

A9DDFBDE EFE5 4798 A871 38C9BD37188D

2018(平成30)年上半期に読んだ本は133冊。読んでよかった本5選です。

読んでよかった本5選

『月3万円ビジネス』藤村靖之

ダウンシフトに通じる考え方が、やはり自分には合っているなと共感できます。

『誤解だらけの人工知能 ディープラーニングの限界と可能性 (光文社新書)』田中潤、松本健太郎

AIとAI技術の違い。

語り口も面白く、痛快です。

『経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本 (ディスカヴァー携書)』久保憂希也

今期、力を入れて読んでいた経理本。

その中でも、とっつきやすい・理解しやすい・取り組みやすいの3拍子が揃っていた本。

『それ、なんで流行ってるの? 隠れたニーズを見つけるインサイト思考 (ディスカヴァー携書)』原田曜平

この本を読んでから、世の中の「そう、それ!」を探すようになりました。

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)』佐藤航陽

お金は変わらないものだという思い込みは、無くす必要があります。

お金って何なのか?:道具なら変わっていって当たり前

まとめ

2018(平成30)年上半期は133冊。

読んでよかった本5選。

いま読むべき話題本から、少し前に話題になった本まで。

今期力を入れて読んでいたのが、経理本とAI関係の本。

まだまだ勉強すべきことが、たくさんあります。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、子供たちが連れ立って友人たちと遊びに。午後からずっと雨だったので、ゆっくり過ごしました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ