スマホ見てんのかと思ったは:使い方を見直すいい機会

53A332F5 797E 4B39 A102 EA579694A9DD

そう思われているということですから。

読み聞かせ

何を思ったのか、父ちゃんに読み聞かせをすると言いだした次男。

読み聞かせは、親が子に絵本などを読む、そうあの姿を思い出していただいたら大丈夫です。

親から子へというのが普通ですが、それを子から親へしたいらしく…。

なぜそんなことを?とは思ったのですが、もちろん、断る理由はありません。

スマホ見てんのかと思った

そんなこんなで始まった読み聞かせ。

ただ、実際に読み聞かせが始まると、自分が集中して読むことに必死で、こっちのことなんてそっちのけです(^^)

まあ、それがかわいいのでずっと静かに見ている訳ですが、ふと顔を上げた次男が言ったセリフ。

それが「スマホ見てんのかと思った」です。

使い方を見直すいい機会

いやいや読み聞かせしてくれてるのに、スマホを見てるバカはいないでしょとは思うのですが、そういったセリフが子供の口から出る。

ちょっと衝撃です。

子供と会話をするときはスマホを触らないというマイルールはありますが、もしかすると無意識に触っているのかも?

使い方を見直すいい機会になりました。

まとめ

スマホ見てんのかと思ったは。

使い方を見直すいい機会。

ふとした時に子供から出たセリフ。

意識せずともスマホを触っている。

それが、普通になっているのかもしれません。

これからは、それを子供に伝えていかなければいけない立場。

いいか・悪いかは別として、自身も使い方を見直す機会は持つべきですね。

ちなみにタイトル写真は、我が家の子供たちが管理する本棚。

もうあまり読まれる機会もなくなってきましたが、置いておいてよかったなと。

よく見ると名作絵本の中に、戦国武将大辞典があります…。

 

 

◉編集後記◉

激しい雨が断続的に降り続いています。昨日は、夕方からの打ち合わせをひとつキャンセルさせてもらって、夜に備えました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ