サイクルロードレースで:解説者の実力に差が出るのは雑談力?

大切です。

長時間におよぶ放映

昨日(2018.7.7)開幕したツール・ド・フランス2018。

このブログでも記事にしました。

簡単に参加できる楽しみ方を2つ紹介:ツール・ド・フランス2018

記事でも紹介したように、全体のレースの中の1つのステージを見るだけでも、それに要する時間は4〜5時間。

放映は、長時間におよびます。

内容に動きがない

レースの種類や設定されているステージにもよりますが、放映時間が長いのがサイクルロードレースの特徴。

前述したようにその時間は、4〜5時間という長時間に及びます。

ただその間、実は内容にほとんど動きがない時間帯があるというのも、サイクルロードレースの特徴です。

もちろん、ずっとオンプレー状態ではあるのですが、レースの流れ上、何もないまま1,2時間経つ、ということもざらにあります。

解説者の実力に差が出るのは

では、その時間を何をして過ごすのか?なのですが、基本的には、解説者の方々のおしゃべりを聞いて過ごしています。

個人的にキャラ付けすると〜

とか、

以前こんなことがあって〜

とか、

このおじさんは〜

とか(^^)

とにかく、通常のスポーツ解説ではないような解説者同士の雑談が繰り広げられて、さらにそれが面白い。

言うなれば、詳しい友人と一緒にテレビを見ているような感じです。

こういったところに解説者の実力の差が?

これもまたサイクルロードレースの見どころ(聞きどころ)のひとつです。

まとめ

サイクルロードレースで。

解説者の実力に差が出るのは雑談力?

これは、サービスを売りにしているビジネスなら共通して言えること。

雑談も、面白くなければ聞いてもらえませんので…。

雑談力を鍛えておくこと。

必要ですね。

 

 

◉編集後記◉

大雨による被害が西日本全域に拡大しています。岡山県でも特に南部に大きな被害が出ています。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ