DMから考える:送ってくる情報と取りにいく情報の違い

C2B52A9A 7E1D 488D 848E 8EBBDDEBEAD5

準備をせねば。

DM(ダイレクト・メール)

新規で事業所を設置したり、法人を設立すると、少し驚くぐらいのDM(ダイレクト・メール)が郵送されてきます。

私の場合もそうでした。

こういったDMは、何を狙って送られてきているのでしょうか。

登記や名簿から

新規で事業所を設置したり、法人を設立すると、すぐに届くようになる業者からのDM。

その種類は、

・消耗品の供給業者

・事務機器のメーカー

・書籍の販売業者

・人材派遣やコンサル業者

・仕事紹介会社

などなど実に様々です。

これらの業者の方は、必要だろうと思ってDMを送って来ている訳ではありません。

登記や名簿から、事務的に送付してきます。

なので、うちの会社の情報が漏れているのでは?と不安になる必要はありません。

公にしている情報から、何も考えずに機械的に送ってきているものです。

どのように対処すればよいか

では、その対処をどのようにしておけばよいのかなのですが、基本的には無視するしかありません。

ある程度すれば、落ち着いてきます。

ただ、あまりに必要がない場合や、いつまでも送られてくる場合には、「受取拒否」と郵便物に記載してポストに投函する手間をかけてやれば、常識のある業者であれば、それ以降は送ってこないようになるでしょう。

送ってくる情報と取りにいく情報の違い

DMは、送ってくる情報です。

その情報がドンピシャで必要な場合もありますが、全く必要でない場合もあります。

その可能性を狙い、同時に・大量に・不特定に送る。

それはそれでひとつの方法なのですが、小規模な事業所が行う戦略として、効率がよいものではありません。

本当に必要な情報は、自分で取りにいきます。

基本的なことですが、送ってくる情報と取りにいく情報は、同じ情報でも、ものすごく違うということは意識しておかなければいけません。

取りにきた時の準備

送ってくる情報と取りにいく情報には、雲泥の差がある。

そんなの当たり前という感じではあるのですが、では、相手が取りにきた時の準備はしっかりできているでしょうか。

準備ができていないと、せっかく取りにきてもらっても不発に終わってしまいます。

小規模であるならば、情報を送ることを考えるよりも、情報を準備しておくことを考えるほうが、効率的です。

まとめ

DMから考える。

送ってくる情報と取りにいく情報の違い。

現在(2018.7.18)では、ブログやSNSを使い、自分で簡単に情報を準備することができるようになりました。

自分は、誰のために何ができるのか。

情報を整理して、準備してみられてはいかがでしょうか。

特にスモールビジネスなら、必須と言えるかもしれませんね。

そういう私も、もっとプロフィールを充実させなければ!

 

 

◉編集後記◉

子供たちの帰りが早く、早くも学期末モードか?と思っていたのですが、それもそのはず、もうすぐ夏休みなんですね。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ