続けていくために必要なこと:あえて区切りを意識しない

295FD410 7781 4774 8381 FC296CDDD32E

1,000日のときは嬉しかったですが。

10・100・1,000

・10周年

・100回記念

・1,000日連続

などなど、自分(たち)がやってきたことに、その時々で区切りをつけたくなるというのは、人の性(さが)だとも言えます。

自分(たち)がやってきたことが、そのような形で目に見えてくると、単純に嬉しいですしね。

ただ、続けていくためには、あえて区切りを意識しないというのも必要なことだと感じています。

あえて区切りを意識しない

なぜ、区切りをつけたくなるのか?

それは区切りをつけることで、その場その場の達成感を得ることができるからです。

・ここまでできた

・ついにとどいた

・やりきった

そういったことを感じることで、頑張ってきたことが報われるということは確かにあります。

でも、それで?

その先は?

もちろん、20・200・2,000を目指す使命感に燃えるということもあるでしょう。

ただそこは、やりきった感をあえて出さずに、引き続き応援よろしくお願いします!ぐらいで、十分なのかもしれません。

続けていくために必要なこと

どのようなことでも、続けていくことはしんどいものです。

何かしらのご褒美・楽しみがなければ、続けていけるものではありません。

さらに、どうすれば続けていけるのか?その仕組みを考え続けていく必要もあります。

このBlogでも、続けていくためにすでに更新した記事を再編集して、新しい記事として出す。

そういったことも、やってみたりしています。

そのため、同じタイトルの記事が2つあったりもしますが^^;

ただ、それはそれでかまわないかなとも。

続けていくために必要なことを考え続けていくことは、私のライフワークでもあります。

まとめ

続けていくために必要なこと。

あえて区切りを意識しない。

やってきたことが目に見えてわかる10・100・1,000という数字。

もちろん、それが力になる場面もあるでしょう。

でも本当は、続けていることすら忘れてしまうぐらいのほうが、カッコいいのです。

続けていくために必要なことぜんぶ。

引き続き応援よろしくお願いします(^^)

 

 

◉編集後記◉

夏なのでJack Johnson…なのですが、なぜかあまりしっくりこない。今年の夏は何なんでしょう。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ