裏返しでディスプレイオフ(フェイスダウンモード):iPhoneの細かいけど使える機能

IMG 0028

しておくと…。

iPhoneユーザー

iPhoneユーザーです。

今のiPhone(iPhone7)を使い始めてからでも、もうかれこれ1年半ほど。

それでもまだたまに、こういった機能があったんだということに気が付きます。

裏返しでディスプレイオフ(フェイスダウンモード)

使わないときは、iPhoneを裏返しにして置いておく。

こうすることでiPhoneは、ディスプレイオフ(フェイスダウンモード)になります。

裏返しにしておくだけ↓

IMG 0028

MEMO
iosが9以降であることが前提です

それの何がいいの?

では、それの何がいいの?ということになるのですが、日々受け取っている様々な通知。

その通知に、ディスプレイはいちいち反応して(光って)います。

でも、せっかく反応したディスプレイも、見ずに放って置くとそのままスリープ状態に戻るだけ。

つまり、反応した(光った)分だけ損になっています。

それを裏返しにしておくことで、音やバイブレーションの通知はそのままで、ディスプレイだけ反応させないということができる。

イコール、省電力効果が得られるという訳です。

それだけのことなら、iPhoneを置くときは、裏返しが基本になりますよね。

まとめ

裏返しでディスプレイオフ(フェイスダウンモード)

iPhoneの細かいけど使える機能。

裏返して置くことで期待できる省電力効果。

たったそれだけのことなのですが、意外と気がついていないものです。

iPhoneを置いておくときは、裏返しが基本ですね。

 

 

◉編集後記◉

暑さのため、色々なイベントが中止になっています。安全を考えて仕方なしではあるのですが。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ