フォルダ内を整理:ファイルが並んでくれる順番

スクリーンショット 2018 08 05 6 23 14

順番があります。

デジタルベース

紙ベースではなく、デジタルベースにすると、大量のデータを保存できるようになります。

さらに、それらが物理的に邪魔になることもないともなると…。

その分、気軽に保存できたり、ファイルを作成したりすることができるということですね。

ただ、たくさんのデータやファイルをつくると、同時にこういったことも起こります。

ファイルが大量に

前述したように、気軽に保存できたり、ファイルを作成できるとなると、そのファイルはほぼ無制限に増えていきます。

対応策としてフォルダごとに分けて置いておけばいいということもありますが、やがてはそのフォルダ内もてんやわんやになっていくことが必死^^;

その大量になっていくファイルをどうするか?なのですが、せめてこれだけでも覚えておくと便利です。

並んでくれる順番

ファイルには並んでくれる順番というものがあります。

フォルダ内でどういった名前をつけたものが先にくるか、順番が決まっているということです。

その順番は、

【1】記号

【2】数字

【3】アルファベット

【4】カタカナ・ひらがな

【5】漢字

という順番。

これは、もともとある機能で変更日順に並べることもできるので、それでOKなのでは?という感じもするのですが、変更日順は重要度順ではありません。

自分なりに重要なものにはこの順番でファイル名をつけ、その中でも変更日順に並べるというほうが、運用はしやすいです。

そのため、やはりフォルダ内でのファイルは

【1】記号

【2】数字

【3】アルファベット

【4】カタカナ・ひらがな

【5】漢字

という並び順になることは覚えておいて損はありません。

まとめ

フォルダ内を整理。

ファイルが並んでくれる順番。

フォルダ内でファイルが並んでくれる順番は、

【1】記号

【2】数字

【3】アルファベット

【4】カタカナ・ひらがな

【5】漢字

です。

これだけでも覚えておいて損はありません。

 

 

◉編集後記◉

地域の夏祭りの手伝いを。朝から昼休憩をはさみ、8時間ぶっとおしでの準備と開催。キツかった^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ