【法人税】法人の事業年度は:人為的に区切られたもの

B1B180E2 427B 461B 847E 3E54708158C8

本来なら必要ありません。

事業年度

事業年度というのは、いわゆる決算期間のこと。

例をあげると、

・4月1日から3月31日までの1年間

・1月1日から12月31日までの1年間

といったようなものを指していいます。

日本では、公官庁の「年度」という考え方が浸透しているため、それに合わせた4から3月までの1年間という企業が多いですね。

本来なら必要ない

実はこの事業年度、本来なら必要のないものです。

法人には、個人のように亡くなるという概念がありません。

そのため、法人が設立されると、その法人はずっと存在し、ずっと事業を続けていく。

そういった考え方をします。

ただそれだと、法人税をはじめ、色々なものの計算をすることができません。

そのため、事業年度という人為的に区切った期間を、便宜的に使っているという訳です。

意外と自由

事業年度は、前述したような4月1日から3月31日までの1年間というように、必ずこれにしなさいと決まっているものではありません。

その長さ(期間)は、自由に設定することができます。

また、その開始日や終了日も、決められたものはありません。

1日や31日ではなく、11日や25日であっても大丈夫。

意外と自由なのが、この事業年度です。

自分の事業に上手くマッチした事業年度を探ってみるといいでしょう。

加えて、一度決めた事業年度であっても、変えることも可能です。

ただし、事業年度を変えた場合には、所轄の税務署長への届出が必要ですので、少し注意しておきましょう。

まとめ

【法人税】法人の事業年度は。

人為的に区切られたもの。

本来であれば必要のない事業年度。

事業年度は、企業の活動を人為的に区切った期間です。

そのため、その設定については意外と自由。

自分の事業に上手くマッチした事業年度を探ってみるといいでしょう。

 

 

◉編集後記◉

J2ファジアーノ岡山のホームゲーム観戦に。なんだかひとつのお祭りみたいで楽しかったです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ