電話で確認しなきゃならもういいや:そういうことにもなっています

45136951 70D1 4253 B70E 607C08848EF6

それが確認ならなおさらです。

電話で予約

先日書いたこの記事。

電話で予約ならもういいや:そういうことになっちゃいます

電話で予約は、思ったよりハードルが高いという内容の記事でした。

今回は、電話で確認する必要がある場合は、そのハードルがもっと上がっているかもという話です。

電話で確認

・営業時間

・場所

・収容人数

・駐車場の有無

・取り扱っている商品やサービス

こういったことは、お店を利用するにあたって、できれば事前に確認しておきたいことです。

特に、はじめて行くお店や、新しくできたお店ならなおさら。

でもそういったことを電話で確認する必要があるのなら、ハードルは相当上がりますよね。

取り方に差がない

電話で確認は、相当ハードルが上がる。

この傾向は、地方であっても同じです。

地方だからといって、ほとんどの人が、じゃあ電話して確認しようとはなりません(年代にもよるかもしれませんが)。

では、どこに取りに行くかというと、基本的には、一次情報はスマホです。

スマホには、年齢も性別も職業も、地方も都市部も何なら国境すらも関係ありません。

つまりは、確認の取り方に差がなくなってしまっているということ。

これに気がついて対策をとっていないなら、そのお店は存在しないも同じです。

これはもう、何年も前からはじまっている傾向ではありますが。

まとめ

電話で確認しなきゃならもういいや。

そういうことにもなっています。

確認の取り方は、スマホ一択。

これはもう、何年も前からはじまっている傾向です。

ただもちろん、だからこそあえて…という戦略も、あるにはあったりもしますが。

 

 

◉編集後記◉

Airレジの試用とAirペイの申込み。利用によって受け取れるサービスはもちろん、そのビジネスモデルも面白いです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ