そのためにかける時間は多くなるけど:資料はできるだけシンプルがいい

EE480960 251D 41EA 84E0 A1826779ECB3

時間をかけてシンプルにしています。

試算表

毎月作成している試算表(しさんひょう)。

しっかり見ている、とても役に立っているという場合は、問題ありません。

でも実際には、

・一応目は通している

・パラパラなら見ている

・実は全く見ていない

などなど。

試算表には、事業にとって必要なことがてんこ盛りですが、消化不良、マンネリ化、目的がわからない。

そんなこともあるのではないでしょうか。

詳細な資料ほど

以前は、資料の厚さで値段が決まる。

そう言われていたほど、詳細な資料というのは仕事の価値を反映したものでした。

でも実際は、詳細な資料ほど見ていないのが現実です。

これは、

・携帯電話会社の料金プランの説明パンフレットは見る気がしない

・生命保険会社の約款をしっかり読んで理解しようとは思わない

のと同じこと。

詳細な資料ほど、見る気はしないものです。

時間をかけてシンプルにする

詳細な資料ほど見る気がしない。

そのため、資料については、なるべくシンプルなものを用意するよう心がけています。

ただ、シンプルだから簡単にという訳にはいきません。

大事なことはきちんと伝わること。

実は、シンプルなものほど時間がかかるものなんです。

時間をかけてシンプルにする。

そういった言い方もできますね。

まとめ

そのためにかける時間は多くなるけど。

資料はできるだけシンプルがいい。

詳細な資料ほど見る気がしないもの。

資料は、シンプルなものを用意するよう心がけています。

これが意外と時間と手間のいる作業です。

 

 

◉編集後記◉

休日。子供たちとサッカーを。午前中1時間半ほどですが、水分がたくさん必要でした。まだまだ油断できません。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ