絶対の価値観などない:子供に身につけて欲しいのは価値観を切り替える力

5D328CAE 87AA 4687 AF53 E7ACEBD74D5E

大人にも必要ですが。

お金がないとはじまらない

本当にお金がないと何もはじまらないのか?

これは、本当だと思います。

お金ってやっぱり必要だなと。

独立するとそれがさらに身に染みます。

じゃあ、いくら持ってるの?というのは、やはり生きていくうえで避けて通ることができません。

お金は、お金が好きだけど

こういう世界ですので、うなるほどお金を持っている人にお会いする機会もありました。

「お金は、お金が好き」という言葉もあるように、お金は、お金があるところに集まってきます。

これは、フランスの経済学者の方が言い出すずっと前から、この世界に身を置いている人なら持っている感覚でしょう。

ただ、その人たちがみんな幸せそうかというとそれはまた別の話です。

もちろん、とても幸せそうな方もいらっしゃいます。

でも、お金はもっていそうだけど何だかしんどそう。

お金を持っているからこそ、悩んでいるんだろうなという人もいます。

わかりやすい価値観がない

これまでは、世の中の価値観をお金にすると、とてもわかりやすいということがありました。

どれだけもっているかで、その人の価値が決まってしまう世の中です。

今は、そのわかりやすい価値観が崩れているように思います。

多様性とも言われますが、これからはますますその傾向が強くなってくるでしょう。

価値観を切り替える力

自分の子供達に自分の仕事を継いで欲しいという希望は、全くありません。

ただ、子供達が成長する中で、身につけておいて欲しい力はあります。

それが、価値観を切り替える力です。

まず、子供には自分自身の価値観を確立させることが大切だとも言いますが、個人的にはそれほど必要ないと思っています。

絶対の価値観などない。

むしろ、色々な価値観を場面場面で切り替えていく力を身につけるほうが大事です。

まとめ

絶対の価値観などない。

子供に身につけて欲しいのは価値観を切り替える力。

子供たちに、生き方を説いたりするようなことはできません。

子供たちには、今まで生きてきて得ることができた実感を伝えていくだけです。

税理士は、色々な生き方・価値観に出会うことができる職業。

子供たちには、そこで得ることができた色々な生き方・価値感を伝え、その価値観を切り替える力を身につけて欲しい。

そのように考えています。

 

 

◉編集後記◉

『聲の形』というアニメ映画を子供たちと鑑賞。答えのない映画。何を感じたかはタイミングをみて聞こうかなと。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ