1時間あれば確実に一冊読める:それでもブログを書く理由

C7431647 8AC4 4C95 A75E 5E9514BA5300

その時間は無駄なのかもしれませんが。

本を一冊読む

本を読むことは、自分がやり続けるべきことの中で、重要なことのひとつだと考えています。

ある意味、仕事だと言い切ってもいいかもしれない本を読むこと。

当然、そのための時間も意識して作っています。

1時間あれば

普段よく読んでいる本は、たいてい1時間あれば、1冊読むことができる本ばかりです。

時には、1冊だけではなく、2冊、3冊と読めることも。

一方で、ブログを書くための時間は、どんなに短くても1時間はかかります。

時には、2時間ほど時間をかけて書くことも。

つまり、自分がやり続けるべきだと位置づけていること。

ある意味、自分に課せられた仕事だと言い切ってもいい「本を読む」ことが、ひとつふたつ、ときには3つも確実に実行できる時間をかけているということです。

異質なもの

ただそれでも、ブログを書く時間は、無駄な時間ではないと考えています。

「本を読むこと=人が書いたものを読むこと」と、「ブログを書くこと=自分の言葉で語り、表現してみること」とは異質のものだと感じているからです。

例えそれが、本で読んだこととほぼ同じようなことであったとしてもです。

やはり、どのようなかたちであってもアウトプットすることは尊い。

ブログを更新しつつ、感じ続けていることです。

まとめ

1時間あれば確実に一冊読める。

それでもブログを書く理由。

同じ時間を使うなら、より効率的に時間を使える「本を読む」という行動を選択したほうがいいのかもしれません。

ただ、読むことと書くことは異質なもの。

どのようなかたちになったとしても、今後もアウトプットは続けます。

 

 

◉編集後記◉

椅子に座っていたら腰に急な痛みが。これが噂のギックリ腰というやつかも^^;もうちょっと様子をみてみますが。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ