つなぎ合わせてまとまりを出す:混沌から生まれる美しさ

スクリーンショット 2018 10 06 14 46 36

共通したところも。

The Avalanches

まずはこれを。

The Avalanchesの『Because I’m Me』という曲です。

驚きなのが

驚きなのがこの曲、膨大なサンプルをつなぎ合わせて作られるサンプリング曲というものだということ。

つまり、誤解をおそれず言うならば、人の曲からいい感じなところを取ってきて、それを適当につなぎ合わせて作った曲だということです。

この曲がというよりも、The Avalanches自体が、そういったアーティストなのですが。

つなぎ合わせてまとまりを出す

膨大なサンプルをつなぎ合わせて作られるサンプリング曲。

もちろん、そのつなぎ合わせかたや、サンプルのチョイスにセンスがあり、世界的にも評価されている訳です。

誰もができることではありません。

実際に、アルバムの作成は、許可の問題などがあり、かなり大変なようで、2016年に発売された2ndアルバムは、2000年の1stアルバムから実に16年かかって発売されています。

この「つなぎ合わせてまとまりを出す」というのは、私の仕事にも共通したものがあります。

例えば、相続のご相談。

相続にかかわるすべての人にとって、長持ちする相続を目指すことを信条としていますが、

長持ちする相続にする:平等よりも公平になる分け方を

混沌とした状況のなかから、光明を見出すには、どのように「つなぎ合わせるか」というのが大事です。

さらに、かかわる人がみな納得できるような「まとまり」も意識しておかなければいけません。

まとめ

つなぎ合わせてまとまりを出す。

混沌から生まれる美しさ。

The Avalanchesの曲には、その美しさがあります。

また「つなぎ合わせてまとまりを出す」というのは、私の仕事においても共通したところ。

意識しておきたいことです。

 

MEMO
『Because I’m Me』は2016年の2ndアルバムに収録されている曲ですが、2000年の1stアルバムもおススメです(世間的にはこちらのほうが有名です)。

 

 

◉編集後記◉

台風による雨は、それほどではなく一安心。ただ風がまだ残っているようで、油断はできません。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ