事業用固定資産の管理:写真を撮っておくのもひとつ

DB7EABFE 423D 46AD 9AAD 92F1ED9C3A57

情報量は数倍です。

写真を撮る

「写真を撮る」というと、通常は、趣味やアート、思い出として撮っている。

そういったイメージを持ちますね。

でも同時に、写真には「記録」というシンプルで強力な能力がそなわっています。

事業用固定資産を写真でも管理してみてはいかがでしょうか。

税務調査では事業用固定資産を見られることがある

税務調査では、事業の状況を把握するため、色々なことについての確認が行われます。

事業用固定資産の状況がどうなっているかも、その確認事項のうちのひとつ。

事業用固定資産は、一般に、固定資産台帳などの帳簿で管理されているはずです。

その固定資産台帳と実物の突き合わせをして、有無を確認する。

そんな確認の仕方です。

そのため、税務調査の前には、それがきちんと提示できるか。

自分(自社)で確認しておく必要があります。

事業用固定資産を写真でも管理してみよう

固定資産台帳は、帳簿ですから、当然、文字や数字で事業用固定資産を表現しています。

こんな感じでしょうか。

資産の名称

供用年月

耐用年数

取得金額

MacBookPro

平成30年1月

4年

200,000

MacBookAir

平成30年3月

4年

100,000

SonyノートPC

平成30年7月

4年

150,000

富士通ノートPC

平成30年7月

4年

180,000

MacBookPro

平成30年7月

4年

195,000

ただこれだと、一番上と下なんて、使っているうちにどっちがどっちだか、わからなくなってきますよね。

情報をもっと細かく入力しておいたり、ナンバーシールなどをつけて管理してやればいいのですが、意外と手間がかかります。

なので、写真に撮って表とリンクさせ、PC内で確認できるようにしておく。

さらに、支払った請求書や領収書なども、一緒にPDFなどの画像で保管しておく。

こうすれば、より固定資産台帳と実物を確認できやすくなります。

まとめ

事業用固定資産の管理。

写真を撮っておくのもひとつ。

実際には、全く同じものである場合、写真で見てもわからないということがあるかもしれません。

それでも写真には、文字だけの場合の数倍の情報量があります。

事業用固定資産を写真でも管理する。

どうしても整理がつかないという方は、やってみられてもよいかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、三連休後の学校初日。ちょっとお疲れモードです。いい天気で暑いぐらいの一日でした。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ