2018(平成30)年分の配偶者特別控除は:去年より減りはじめが遅くなった

スクリーンショット 2018 10 18 15 56 39

そのように説明できます。

年末調整の時期

早いもので、今年(2018(平成30)年)も年末に近づいてきました。

年末調整の時期です。

会社員をはじめ、お勤めをされている方は、勤め先から年末調整の関係書類が配られたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今年(2018(平成30)年)は、関係用紙が2枚から3枚になっています。

2018(平成30)年分から:年末調整関係書類は2枚から3枚に

150万円まで扶養に入れる

今年(2018(平成30)年)の年末調整では、

配偶者なら150万円まで扶養に入れる

というのが、ひとつのウリでした。

ただ、この表現は、正確な表現ではありません。

配偶者なら150万円まで去年と同じ金額の控除を受けることができる。

こちらが、より正確な表現です。

※150万円というのは、ともに給与収入のことを指しています。

これは、「150万円まで扶養に入れる」が、以前からあった「配偶者特別控除」の拡大版に過ぎないからです。

減りはじめが遅くなった

「150万円まで扶養に入れる」は、「配偶者特別控除」の拡大版。

図で見るとわかりやすくなっています。

スクリーンショット 2018 10 18 15 55 01

(国税庁HP『平成30年分 年末調整のしかた』パンフレットより抜粋)

左側が昨年(2017(平成29)年)の配偶者特別控除を説明した図、右側が今年(2018(平成30)年)の配偶者特別控除を説明した図です。

図を見てみると、配偶者特別控除が減りはじめるタイミングに、大きな差があります。

スクリーンショット 2018 10 18 15 55 01

ここが、拡大したところです。

去年(2017(平成29)年)は、合計所得金額が40万円になると、すぐに控除額が減りはじめていたのですが、今年(2018(平成30)年)は、85万円になるまで減りはじめません。

配偶者なら、給与収入で150万円までは去年と同じ金額の控除を受けることができます。

つまり、配偶者特別控除の減りはじめが遅くなった。

そのように解釈しておくといいでしょう。

まとめ

2018(平成30)年分の配偶者特別控除は。

去年より減りはじめが遅くなった。

配偶者なら150万円まで扶養に入れる。

これは、正確な表現ではありません。

配偶者なら150万円まで去年と同じ金額の控除を受けることができる。

こちらが、より正確な表現です。

前掲した図も合わせて確認しておくと、理解がより深まります。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、午前中打ち合わせ。午後から来客など。夜はローラー練習を1時間弱。週末は天気が良さそうで嬉しいです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ