「普通にやっていること」「意識していないこと」には:差別化の種がある

1DA138F1 4F87 421A BB1E 905AF3A99FF8

見つけられるはずです。

差別化が必要とは言われるけれど

小商い・小規模・零細・ひとりの事業で、継続して売上を立てていくためには、差別化が必要です。

ただ、具体的に「差別化」ってどうすればいいのでしょうか。

いくら差別化になるとは言っても、奇をてらったものや内容の無いものは、認められませんし、続きません。

かといって、差別化しないと、まず自分(自社)を認識してもらうこともできない…。

意識していないところに差別化はある

カフェをOPENするとします。

差別化するために、以前からペットとして飼っているアルマジロを店において、アルマジロカフェにしたらどうだろう。

コーヒーを飲んでいる側でアルマジロがコロコロ…。

いいですね。

癒されるかもしれません。

差別化です。

でも、ちょっと待った。

本当にそこが差別化なのでしょうか。

この場合、実は、店内にアルマジロがいるという事実よりも、アルマジロを飼うことができているという事実のほうが、すごいんです。

カフェをやるよりも、このスキルを上手く発信していく方が、より収益化することができるかもしれません

これはちょっと極端な例かもしれませんが、「普通にやっていること」「意識していないこと」には差別化の種があります。

こんなものでも差別化できる

でも、それでも違いなんて見つけれないという方。

そんな方は、こんなものでも差別化することができます。

街のカフェのOPEN時間。

通常は、10:00や11:00ということが多いでしょう。

じゃあそれを6:00からやる。

時間での差別化です。

「普通にやっていること」「意識していないこと」には、やはり差別化の種があります。

まとめ

「普通にやっていること」「意識していないこと」には、差別化の種がある。

世の中の差別化の中で一番わかりやすいもの。

それは「価格」です。

そして、小商い・小規模・零細・ひとりの事業で、差別化に一番使ってはいけないもの。

それも「価格」です。

社会のルールや秩序は、守るべきものではありますが、そこにとらわれる必要はありません。

手始めに「普通にやっていること」「意識していないこと」から、差別化の種を探してみましょう。

 

 

◉編集後記◉

ロングライドイベントに備えての練習を70キロ。練習し過ぎ感がありますが^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ