所詮は○○○:経営者の方を超えることはできない

13DAAB41 F061 4F46 BA27 D19B63D49B34

そのように考えています。

経営アドバイス

仕事をしていると求められることもある経営アドバイス。

私が経営アドバイスのためにやっていることは、基本的に次の5つだけです。

【1】本を読む

本を読むこと自体、基本的に好きです。

いわゆる多読ではありませんが、1日1冊程度のビジネス書・専門書といわれる類の本を読んでいます。

【2】情報の整理をする

・書籍や雑誌

・インターネット

・公官庁の公開情報

・セミナー参加

そういったものから得た情報を収集するだけでなく、それを整理することに日々の時間を割いています。

このブログも、そういった情報を整理するツールのひとつです。

【3】体験する

独立して、自分で事業を経営するということを体験しています。

【4】人のつながりを大切にする

人を助けることができるのは、やはり人です。

つながりをもつことで、経営についても、良いヒントをもらうことができています。

【5】やってみる

どんなことについても、やってみないとわかりません。

可能な限り、やってみることを心がけています。

所詮は

前述した経営アドバイスのために私がやっていること。

これは、どれだけ頑張ってみても、一般論の範囲を出ることはありません。

これを独自論に変える。

そのためには、経営者の方の意見が不可欠です。

所詮は税理士。

その事業の経営については、それぞれの事業の経営者の方を超えることはできない。

そのように考えています。

まとめ

所詮は○○○。

経営者の方を超えることはできない。

どこかで聞いた話、誰かからされた話は、どれも一般論です。

税理士の経営アドバイスも同じ、一般論でしかありません。

必要に応じて、数字や知識を的確に提示する。

そして、事業を続けていくために必要なことを、経営者の方と一緒に考える。

税理士は、それをやり続けるしかない。

税理士の経営アドバイスについて、私はそのように考えています。

所詮は税理士。

経営者の方を超えることはできません。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、パートナーの実家で地域のお祭りのおよばれ。もうそんな時期なんだなと。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ