より長く働くために:投資すべきモノ・コトは何か考える

7160D8EF 424B 48DC 8E20 09F9CC349E9E

今できる投資を。

100年生きる

一説によると、1990年台後半生まれの人は、100年生きるという可能性が高い世代なんだそうです。

100年。

考えてみても仕方がないような長さに思ってしまいますね。

ちなみに1977年生まれの私は、85年生きる。

そういった可能性が高い世代です。

より長く働くために

100年生きるとなると、引退・老後というステージは、どんどん先へ延びていきます。

延びると言うよりはむしろ、引退・老後など最初からないと考えておいたほうがいいのかもしれません。

そうなると当然、より長く働くことが必要になってきます。

より長く働くために、どういったモノ・コトに投資しておくかは、今から考えておくべきでしょう。

投資すべきモノ・コト

より長く働くために、どういったモノ・コトに投資しておくべきか?

キーワードとしてあるのが、時間と体とお金。

この3つが融合するものには、投資をしておくべきです。

わかりやすい例をあげるとすれば、健康診断。

その時間とお金を体に投資することで、より長く働くためのリターンが得られます。

・今の時間がもったいなくとも、体を維持することで、将来得られる時間のリターンが大きくなる

・少額のお金で体を維持することで、将来の大きな出費を避け、お金のリターンが大きくなる

フリーランスなら特に、投資すべきコトとして、健康診断は受けておくべきでしょう。

まとめ

より長く働くために。

投資すべきモノ・コトは何か考える。

100年ある人生をどのように生きるか?

その生き方自体を考えることも大事ですが、より長く働くために今できる投資をしておくこともまた大事なことです。

 

 

◉編集後記◉

長男がのどが痛いと。ちょっと厳しいようですが、なぜそうなったのか、これから何をすべきなのかを考えさせなければいけません。これもまた将来への投資かと(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ