パートナーが喜ぶ家事とは:いつもの家事では手が届かないところ

36BE01FB 6E08 4BB6 9D2D C9C8EB330B62

正にグッジョブ!です。

家事は仕事のひとつ

日々の生活の中で必須となる家事。

私の場合、家事も仕事のひとつだと位置づけています。

・炊事

・洗濯

・掃除

・買い物

もちろん、人によって家事に向いている・向いていないはあるかもしれません。

男一人昼間に買い物とか、つらい人にはつらいですよね。

まあこれは、仕事も同じことなのですが。

いつもの家事では手が届かない

そんな位置づけの家事なのですが、いつもの家事では手が届かない家事というのがあります。

これは、世の中の主婦(夫)みんなの「あるある」ではないでしょうか。

もちろん、きちんとされている方もたくさんいらっしゃるでしょうが、普通の主婦(夫)なら、普通の家事で、普通に力尽きます。

どうしても、いつも以上の家事にまで手が届きません。

そういったところを、パートナーにやってもらうとすごく嬉しい。

ちょっとしたことでも、それだけで普段やってないことは帳消しです。

具体例

私の場合の三大喜ぶ家事は、

・レンジフード

・冷蔵庫の中

・お風呂

の3つです。

レンジフードについては、油汚れの掃除。

日々の食事の片付けをした後に、レンジフードの掃除までは、なかなか手が届きませんからね。

これをやってもらえると「グッジョブ!」って感じになります。

冷蔵庫の中については、こちらも油汚れや水汚れの掃除。

冷蔵庫の中ってキレイに見えても案外汚れているものなんですよね(ええ、知ってはいますが、無視しています)。

でも、中の物を一度出して取りかかる手間たるや^^;

これも当然「グッジョブ!」です。

お風呂の掃除は、タイルの目地の掃除など全般です。

眼鏡ユーザーなので、単純にお風呂の掃除が苦手というのもあるのですが。

まとめ

パートナーが喜ぶ家事とは。

いつもの家事では手が届かないところ。

普通の主婦(夫)は、普通の家事で、普通に力尽きます。

だから、それ以上の貢献をしていただけると正にグッジョブ!

その後の関係も良くなること間違いなしです。

試してみていただければ。

一応ですが、パートナーの名誉のため記しておくと、我が家では家事を分担してやっています。

パートナーが、全く家事をしていない訳ではありませんので(^^)

 

 

◉編集後記◉

引き続き終日出張。真庭市のお隣新見市へ。いやー本当に紅葉が美しい街です。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ